2007年09月01日

ハードディスクの交換

パソコン奮闘記

昨日コンプマートから再修理依頼中のパソコンの修理について連絡がありました。

「かえって安くすんで良かったですね。」
「???」

「ハードディスクの交換をしますので、データーが全てなくなりますのでご了承ください。」

「前回の修理箇所と違うので費用がかかると思うのですが・・・。ハードディスクがダメだということですよね。リカバリディスクも受け付けない状況なのですか。」
「リカバリも出来なければ、一切の操作を受け付けない状況です。無償で連絡きています。」

「念の為再確認御願いします。」
電話の向こうで、「これ無償修理ですよね。」と聞く声が。しばらくして、「今メーカーから来ている書類を見ていますが、無償できています。」

店員さん、やけにうれしそう、楽しそう・・・
正直複雑です。なんだか、たちの悪いクレーマーになった気分です。
でも無償で交換していただけるのすから、データーが消えようがどうなろうが、交換御願いしました。

いつも何かあると自分のせいだと悪戦苦闘。でも自分でないことがほとんど。今回自分のバックアップの戻し方に問題ありと、一生懸命無駄な努力をせず、すぐ持って行って良かった。

ハードディスク追加交換なら、一般的に5万円はかかるので、半額保障つかっても、前回の1万5千円とあわせると、修理するのは考えものだと思っていました。さらに何か出でくる可能性もありますし。

会社でもズ〜とパソコンの状況を話して、相談にのってもらっていました。
修理して戻ってきたものが又ブルー画面になたことも話しています。

1ヶ月近くパソコンなくても別に不自由もなくすごしています。パソコンないほうが幸せかもと思いました。でも、散々苦労だけして終わりは情けない、悔しい!!

会社で、HDD交換で高い修理見積もり出たら、修理せずパソコン買いますと話しました。ビィスタはまだ早いし・・・

「会社のこれ(ボケネコの机の上)と同じものがいいと思うのですが。これなら、運べないことはないし、何かあったら面倒みてください。」

「これなら本体運べるし、よく勝手が分かっているから。モニターまで持ってこなくても大丈夫。一番安いスペックの明細書出してあげる」

その明細から多少検討。買うつもりになっていました。
思い切って人に話すことで、新しいパソコンでパソコン生活続けるつもりでした。
だから複雑。腐れ縁のノートパソコンが戻ってくる・・・

でも本当に無償でいいのかしら・・・

人気blogランキングへ
 ← ランキングに参加してみました。いま何位?

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。
ラベル:PC トラブル

2007年09月02日

パソコン無理やり購入しようとしたもの

パソコン奮闘記

パソコン無い生活は素敵。睡眠沢山。本沢山読め、音楽もながらでなくラジカセの前に座り込み。購入して読めなかったパソコン雑誌沢山読めて?

パソコン買うくらいなら、何百万円もするオーディオシステムは無理でも、もう少し音の良いミニコンポが欲しい。

でも仕事の事を考えれば、やはりパソコンは必要。仕事のための勉強になっていないと言われようと、パソコンがあるだけでプレシャーを感じるので、それになれるだけでも効果はあると。

貧乏ボケネコ、資金がない。
パソコンでやること、メールにインターネット。パソコンなくて少し残念だったのは、ブログの書き込みが出来ないこと。

ビスタではどうしても高くなります。

そこで値段で買うことに。それでも今のボケネコには十分です。動画を編集するわけでも、画像を沢山保存するわけでもなく。購入してインストールできずにいるホームページビルダーがインストールでき、Mitaka(プラネタリウムソフト)がインストールできれば。


買おうとしたパソコン

エプソンのEndeaver AT960

OS Windows XP Home Edititio SP2 正規版

CPU インテルCeieron プロセッサー420(1.60GHz)

ビデオ ATR Radeon Xpress200(アナログ出力+デジタル出力)

メモリ 512MB PC2-4200 DDR2SDRAM

HDD 80GB

光ディスクドライブ コンポドライブ(CD-R/RW&DVD-ROM)

3.5型ドライブ 3.5型スリム内臓FDD

USB2.0 4つ

キーボード109PS/2&マウスホイールつきPS/2
 
液晶ディスプレイ 15型 エプソンLD1532W (アナログ)

パソコン本体定額保守サービス 3年間お預かり修理(ピックアップ保守)

キャンペーン値引きがあるので8万円強で購入できます。

CPUは現在マルチコアまである時代。シングルで動作周波数が1.6GHzは、今使用している(修理に出している)ノートパソコンと比べても見劣りがしますが、ボケネコには十分。

メモリは今のノートパソコンと比べ容量も動作周波数も上。(多分、記憶によると。修理に出ているので確認が出来ません。)動作周波数533MHz データー転送速度 4.2GB/秒。
上をみれば、PC2-6400 800MHz 6.4GB/秒なんてありますが・・・
ボケネコには十分。

HDDだけは一番安い40GBから80GBにしました。HDDは安いしパーテションの分割を考え、Dドライブにバックアップソフトのイメージファイルを保存することを考えると80GBは欲しいなと。

後、CDは呼び込みだけでは、データーのバックアップを考えると、書き込もできたほうが良いなと思い、コンボドライブを選択。

パーテーションの分割サービスが¥5,250であります。
でも聞いてみました。会社でボケネコのノートパソコンのパーテーションを分割してもらったソフトのお値段いくらなのか。なんと¥1,980。

ソフト購入して自分でパーテーション分割したほうが安くつきます。また自分の好きなように分割できます。後で変更も可能です。

色々教えていただき、考えて購入する気になっていたのに・・・
腐れ縁のノートパソコンがそのうち帰ってくる・・・・

パーテーションを分割してもらったソフト

ソースネクストの Acronis Disk Director personal
Vistaには対応していません。

ビスタのビジネスはOSだけで60GB必要とか・・・
パーテーション分割するより、HDDを2つにしたほうが良いような。

関連記事
2007年09月24日:Vista体制化におけるパーティションの仕切り方

人気blogランキングへ 
← ランキングへ参加してみました。いま何位?

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。


ラベル:PC

2007年09月12日

パソコン再修理からもどってきたけれど

パソコン奮闘記 トラブルでボヤキながら

一度目のパソコン修理
お客様HDDとリカバリDVDで正常にリカバリすることが出来ました。
ソフトウェアによるトラブルによるものと判断いたします。
クーリングファンの故障を確認いたしました。
ご依頼内容とは別に診断の結果、キーボードのF2キーの反応が悪いことを確認。

リカバリの実施。工場出荷状態でのご返却になったおります。
クーリングファンを交換いたいました。
キーボードを交換いたしました。

二度めのパソコン再修理
ハードディスクの故障により、長時間稼動テスト中にフリーズし、再起動するとハードディスクを認識しなくなる症状を確認いたいました。検証用ハードディスクにて正常にWindowsが起動すること及び長時間稼動テストを実施し、正常に動作することを確認しております。

ハードディスクを交換いたしました。データーはすべて消去され工場出荷状態でのご返却になっております。

再修理は無償でした。コンプマートさんからお口添えもあったようです。
ファンを交換していただいたときにもっと早く修理にだせば良かったと思いました。
でも、ブルーバックになっても、一度目で見つからなかったくらいですから、もっと早くだしても確認されずで戻ってきたかもしれません。

いままで、異常音がする時以外は、いかに音がしていなかったとあらためて感じています。
ファンが規則正しく回る、ハードディスクのジリジリ?いう音。

いままでは、ゴ〜、とか、ウィ〜ウィ〜、とかの音が時々するくらいでした。
音がするときはゾ〜とする音でした。

いまごろ思ってもおそいですが、長時間稼動するとフリーズし、再起動すると認識されない、外されたハードディスクはどうなったのでしょう。

長時間稼動しなければ、データーは読めるということだと思うのですが。パソコンを捨てる時は専用ソフトを使って、ランダムなデーターを何度も書き込みして捨てるようにと、東芝さんの説明書にも書いてあります。リカバリディスクにもランダムに書き込みをする機能がついています。

はずしたハードディスク返してと言うべきだったのでしょうか。
そして物理的に叩き壊す。気分スッキリしそう。

二度目の再設定を7日金曜夜パソコンをひきとり、9日日曜にしたのですが、最後OEの送受信メールを戻したとたんOEの動作がおかしくなりました。
ユーザー切り替えで、サブのユーザーからメインのユーザーに戻らなくOEが閉じてしまいます。そうなると再起動をしないとOEが立ち上がりません。
折角全部終わったと思ったとたんです・・・

また0から今度の日曜にやり直しです。
会社では、「楽しみが増えて良いじゃない。色々やって楽しめば」と言われました。
パソコンが好きか、嫌いか。それは、トラブルを楽しめるか、楽しめないかの違い?

パソコンが戻ってくるたびに暗い気分になり、設定をやる気になれません。設定を重い腰をあげやれば、又トラブル。そしてまたさらに暗い気分に。

一度めの時も全部元に戻したと思ったとたん、フリーズ、ブルー画面。
今回はほぼ元にもどした(ハードディスクを切り分ければ終わりの状態)とたん、OEが怪しげの動きをするし。マウスも調子悪くなっているようです。

しばらくはパソコンに遊ばれていることになりそうです。

人気blogランキングへ ←ランキングに参加してみました。

http://www.dff.jp/pix/dffbanner2005_2.gif
←募金サイト。お時間があれば募金を。


2007年09月15日

パソコンが壊れたときにしていたこと

パソコン奮闘記

トラブル解決楽しめると良いのですが。
「楽しみ増えていいね」と言ってくださった方は、ご自身が楽しんでみえます。
とても難しい本や雑誌も沢山読まれています。ボケネコも勉強して、そうなれると良いな〜。

土曜・日曜と出かけますので、月曜は腰をすえて、最初から設定やり直し。嫌と思わず楽しみましょう。

送受信メールを戻すのは諦めることにしました。データーなのでOSやアプリケーションソフトの動きには関係ないらしいのですが。今の状態で、どうしても必要なものだけバックアップをメールの状態で保存。

8月の最初のトラブルが起きた時なにをしていたかといいますと、自分のメールアドレスが送信者名に表示されビックリ。その時にも記事をかきましたが、別に不思議ではありません。送信者名は自分で設定できます。ボケネコの送信メールはフルネーム漢字で受信される方に表示されるように設定してます。

メールアドレスと送信者名のメールアドレスを一致させる必要はありません。ボケネコへきた自分のメールアドレスの送信者名のものは中国から送信されていました。簡単なありふれた言葉のアドレスなので自動的に作成されてしまったようです。

でもあまり気持ちのよいものではありません。以前プロバイダーに問合せした時は、メールアドレスの変更は出来ないとの事でした。今回は32文字までの複雑なメールアドレスに変更可能との連絡を受けました。時代とともに変わるものです。

それならばと、メインのメールアドレスを変えようと、登録を一時的にサブメールアドレスに変更する手続きを始めました。ブログを始めてから随分増えています。IDがメールアドレスの場合が多いのです。(お買い物の登録も増えました。)それぞれ変更の入り口や方法が違います。一度メールをもとのアドレスで受信してそこから再度アクセスするものなど。方法がなかなかわからないものもあり、思ったより時間がかかっています。

初めて朝から晩まで昼食を除いてパソコンを使いました。そこでブルー画面。変更した登録完了メールだけは保存したいのです。月曜日に再セットアップするときはもう送受信メールは戻しません。今のうちに必要なものだけ大急ぎでバックアップ。まだすべて変更が終わっていません。パソコンの再セットアップすめば、残りをなんとかしなくては。
もうサブアドレスに移したもの、メインのアドレスに戻すのはやめ。一時的と思ったのですが大変で・・・

キーボード交換してから、どうも入力がしにくくなりました。気のせい?カーソルが入力途中でどこかへ飛んでいくし、かなりしっかり打たないと文字が正確に打てません。マウスもさわるとカーソルがどこかへ。ためしに白い紙に変えてみたのですが、あまり効果ないようで。

再セットアップまで、あまり問題なく動くようでしたら、ボケネコのメールの送受信のバックアップ方法を書いてみたいと思います。
やり方が正しいどうかは?一つは本で読んだ方法、一つは会社で教えていただいた方法。

人気blogランキングへ ←ランキングに参加してみました。

http://www.dff.jp/pix/dffbanner2005_2.gif
←募金サイト。お時間があれば募金を。
ラベル:PC

電子メールのバックアップ方法

パソコン奮闘記

OE(アウトエクスプレス)の送受信メールだけバックアップ

ボケネコのパソコンはWindows XP OE6

送受信メールをバックアップするところに、(デスクトップ、Dドライブ、外付けのHDD)Outlook Expressのフォルダーを作っておきましょう。(ここでつくらないでも可能ですが)

メニューバー→「ツール」→「オプション」→タブ「メンテナンス」の中央下右の「保存フォルダー」をクリック

メッセージ(送受信メール)が保存してある場所が表示されます。
表示された文字列を選択コピー。

画面はキャンセル、×で閉じましょう。(この段階でとじなくても良いですが、画面が邪魔ですし、いずれとじるのですから)

次に
「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→入力画面の入力欄に右クリック→貼り付け(先ほど選択コピーした文字列が貼り付けられます。)→OK

もし「ファイル名を指定して実行」の入力欄に文字が入っていたら削除してから貼り付けてください。

OKをクリックすると送受信したメールのデーターが保存されたフォルダーが開きます。ここにあるファイル(拡張子「.dbx」)をすべてコピーして、最初に作った「Outlook Expressのフォルダー」にコピーします。

最初に「Outlook Expressのフォルダー」を作っていない場合、開いている「メールのデーターが保存されたフォルダー」一つ上に上がってください。ツールバーにある、フォルダーに緑の上矢印のあるアイコンをクリックすればあがれます。

「Outlook Express」のフォルダーが表示されます。フォルダーごと保存したいところにコピー貼り付けします。

ボケネコはその後フォルダー名を「070915Outlook Express」と名前を付け替えています。数字は保存した日付です。時々日付を変えてバックアップしています。

バックアップした送受信メールのデータの復元方法
ボケネコは名前を付け替えている場合はフォルダー名を「Outlook Express」にもどしています。必要ないような気がするのですが、知識不足です。万が一にそなえて。

「ファイル」→「インポート」→「メッセージ」→「MIcrosoft Outlook Express6」を選択→「MIcrosoft Outlook Express6ストアディレクトリ〜」にチェック→OK

メッセージの場所を選ぶ画面になるので「参照」をクリックして、バックアップ・ファイルがあるフォルダーを選択→完了

Windows XPには「ファイルと設定の転送ウィザード」があります。バックアップソフトを使用する前は、「ファイルと設定の転送ウィザード」を使っていました。送受信メールだけを選択してもどすこともできないようです。またソフトはすべて再インストールの必要があります。

バックアップソフトを使うと、送受信メールだけ戻したいので今回の方法を今はとっています。バックアップソフトで戻したイメージファイルに送受信メールがあるようでしたら、削除してから、インポートしてください。同じものがあれば上書きはされず同じものが2通になります。

2度の修理で送受信メールを戻しましたが、次はもう戻しません。必要なものは、テキストファイルで保管してます。時間がなく読めなく溜まっているのは、読んでも読まなくてもキットいいものなのでしょう。HDD、30GBしかなく、それを10GBと20GBに切り分けようとしているのですから。Cドラブの為に少しでも空き容量を増やすことにしました。

メルマガ「パソコン原始人+」と「パソコンとの付き合い方」受信するたびに過去の復習をするのにテキストファイルを見に行くより、メールの専用受信メールフォルダーを見に行くほうが便利だったのでついつい受信フォルダーに残していました。

ためしていませんが、送受信データの保管場所の初期設定をCドライブからDドライに引っ越すという方法もあるようです。バックアップソフトでCドライブをもどすなら、初期設定をDドライブに変更するのが一番のようです。それでもDドライブに何かあった時の為に別のところに保管をしておくほうが良いかも知れません。そうすれば、OEの受信送信メールに保存していた状態に復元できます。

一番スッキリは、OEの送受信フォルダーは読んだら全部削除。OEに送受信メールを戻すためのバックアップする必要が有りません。

人気blogランキングへ ←ランキングに参加してみました。いま何位?

http://www.dff.jp/pix/dffbanner2005_2.gif
←募金サイト。お時間があれば募金を。




ラベル:PC OE バックアップ

2007年09月16日

送受信メールバックアップその2とパソコンのバックアップ

パソコン奮闘記

OE(アウトエクスプレス)送受信メールのバックアップとボケネコのパソコンのバックアップの方法

ボケネコのパソコンはWindows XP OE6

昨日紹介したのは、OEに戻すためのバックアップです。データーとして保存バックアップすには。

保存したいメールは、コピーして、テキストエディタ(メモ帳・TeraPad)に貼り付け、名前をつけて保存。これが場所を一番とらないと思います。TeraPadならリンクも使えます。

簡単な方法
保存したいところに新しいフォルダーを作ります。(出来ればDドライブか外付けのHDD)
名前は自分のわかるもの。たとえば「送受信メール保存」とか。

つくったフォルダーのショートカットをデスクトップにつくります。
OEの送受信メールの保存してたいものを選択(クリック)→デスクトップに作ったショートカットフォルダーへドラッグ・ドロップ。

ドラッグ・ドロップが苦手な人は
OEの送受信メールの保存してたいものを選択(クリック)→コピー→デスクトップに作ったショートカットフォルダーに貼り付け。

送受信メールを細かく分けて保存したいときは、
フォルダーの中にフォルダーを作ると良いかもしれません。

沢山のショートカットをデスクトップにつくる事も可能ですがお勧めは出来ないような気がします。Dドライブにつくったフォルダーが「送受信メール保存」ならその中に、「メールマガジンA」「仕事」とかわかる名前のフォルダーをつくり、そのフォルダーにドラッグ・ドロップ(コーピー・貼り付け)。デスクトップのショートカットフォルダーにドラッグ・ドロップ(コピー・貼り付け)するより一手間かかりますが個人的にはいいと思います。

実は、デスクトップにブログでよく使うHTMLやリンク、言葉を書いたテキストファイルのショートカットを置いていたのですが、元を外付けのHDDのどこのフォルダーに保存したのかがわからなくなりました。保存するならこの辺との記憶と、検索で探したのですが見つかりませんでした。もしかするとCドライブのデスクトップにしか保存をしていなかったのかもしれません。

毎回自分でフォルダーを探していればこんなのとにはならなかったと思います。デスクトップのショートカットは便利。でも一手間かけたほうが、記憶力の乏しいボケネコには良いと反省。
もう一つ反省。フォルダーはあまり深くしないこと。

ファイル・フォルダーの整理は人それぞれだと思います。絶対という方法はないと思います。それぞれ自分の使いやすいように整理すればよいのでは。

さらに、バックアップソフトを使うなら、お気に入り・メールアドレス・メールデーター・デスクトップはDドライブに保存するように初期設定を変更しておくと便利だなと思いました。

今回のようにHDD丸ごと交換では役に立ちませんが、OSやアプリケーションソフトのあるCドライブのみをイメージファイルで調子の良かったときに戻す時には役に立ちそうです。外付けのHDDにDドライブのコピーを保存しておけば、HDD交換しても、Dドライブにお気に入り・メールアドレス・メールデーター・デスクトップをもどしてやればイメージファイル(ただし、保存場所の初期設定を変えた状態で保存しているもの)で古い状態にCドライブを戻しても、お気に入り・メールアドレス・メールデーター・デスクトップは最後にバックアップした状態のままです。多分・・・(日経PC21を読んでそう思いました。読読解力がないので読み間違っているかも。)

興味のあるかたは、日経PC21の10月号に方法が掲載されています。再セットアップしたパソコンが少しおかしな動きをしているので、最初からセットアップを明日しなおす予定です。新しいチャレンジは当分見送りです。

ちなみに、ノートパソコンでHDDが30GBしかないのでCドライブ約10GB、Dドライブ約20GBに切り分けて使っています。バックアップソフトを使ってイメージファイルを残しているのはCドライブのみです。Dドライブはデーターだけですので、外付けのHDDとCDにコピーして時々保存してバックアップとしています。

それなら、デスクトップにファイルのショートカットがあると思う方もいるかと思いますが、バックアップをしたイメージファイル、何処までがHDD無事なときのものかが問題。それでかなり初期のイメージファイルで戻していました。ブログを始める前のものです。
なのでブログ書くときよく使ったファイルのショートカットはありません。

明日はさらに古い、インターネット・メールの接続・プリンターのドライバー・よく使うアプリケーションソフトだけがインストールされている状態のイメージファイルを戻そうと思います。なんのためのイメージファイルかという気もますが、折角新しいHDDです。
少し手間暇かけて遊んで見たいと思います。

正直、ともかく動いているのだから面倒なことまたするの、という気分です。
楽しむ気になれ、ボケネコ!!

人気blogランキングへ ←ランキングに参加してみました。いま何位?

http://www.dff.jp/pix/dffbanner2005_2.gif
←クリック募金サイト
ラベル:PC OE バックアップ

2007年09月17日

再セットアップで注意すること

パソコン奮闘記

一度目の修理から戻ってきた時の失敗

普通リカバリは自分でして、引き続き再セットアップします。
リカバリする前はたいていトラブルにみまわれています。
確認のため、周辺機器はずべて取り外し、バッテリーも外した状態になっています。
自然と再セットアップの時は周辺機器はなにもつながれていません。 

なにを思ったのか、修理から持ち帰り、すべてを接続してしまいました。
さすがにLANケーブルだけは差込みませんでしたが。
再セットアップを完了するとイキナリドライバーの要求画面が。
ドライバー?いったい何の?
いくら考えても思いつきません。USBはドライバー要らないでしょ?

すっかり忘れていました。プリンターをUSBでつないでいるのを。プリンターのドライバーでした。ハブにつないだUSBを一つずつ外して初めて気がつくという始末。パソコンと相性がわるく(ハブと相性がよくない)、よくプリンター側のケーブルを抜いています。
最初のドライバーだけでなく、修正用のCDでも追加インストールしてあるのですから、再セットアップしただけのパソコンにつなげば当然、×で閉めても、閉めても表示されます。

USBケーブル抜いて解決。

再セットアップの時は、すべての周辺機器は外しておきましょう。

今日再度最初からやり直しをしてみました。それはそれで、又色々・・・・
現状で良いのかどうかさえよ良くわかりません。

入力途中でカーソルがどこかへとんで、ブラウザーが立ち上がったり・・・
マウスかな、USBハブかな、パソコンがおかしい?
修理からパソコンもどってっくると疲れる毎日です。もう少し上手に出来ると良いのに。

人気blogランキングへ ←ランキングに参加してみました。いま何位?

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

2007年09月18日

バックアップソフトで復元する時に注意する事

パソコン奮闘記 

Acronis True ImageでCドライブを復元するのに注意すること

一度め修理から戻ってきたときの失敗
じつはイメージファイルを作成したことはあるのですが、復元は自力では初めて。

「復元するパーティションまたはハードドライブ全体を選択してください。〜」と表示されうまくいきません。とうとう会社に持っていってお願いしました。

ウィザードの「パーティションの復元場所」でCドライブをクリックするのを忘れていました。ウィザード、それまでは四角の枠がありそこをクリックしていたもので、四角がないので、そのまま次へ。四角の枠がなくても文字の上でクリックすると、バックが青で文字が黒にかわります。

二度目修理から戻ってきたときの失敗
実は一度にもしているのですが、その時は他の事で頭一杯。原因を考えるゆとりはありませんでした。

無事復元が完了したら、まずCDを取り出しましょう。それから「操作」→「終了」なり×で閉じましょう。

CDを取り出さずに×で閉めたり、「操作」→「終了」すると、再起動がかかった後、起動中の画面でフリーズして、「Ctri」+「Ait」+「Del」でも電源長押しでも、電源が落ちなくなる可能性があります。ボケネコのパソコンはそうなりました。結局AC電源を抜き、バッテリーを外しました。

パーテンションを管理する、Acronis Disk Directprのガイドブックにも、
「インストール完了」→「完了」→画面を閉じると「再起動が必要」のダイアログが表示されますので、製品CDをパソコンから取りだして「はい」をクリックします。
とかかれています。

Acronis True Imageは、「再起動が必要」のダイアログは表示されず、「完了」後に「終了」すると再起動がかかりました。

最近自分でリカバリはしていません。再度説明書を読むと、
復元を完了すると、次のがま面が表示されます。「初期インストールソフトウェアの復元」は完了しました。CD/DVD-ROMやフロッピーディスクを抜いてから、何かキーを押して、マシンを再起動してください。DVDを取りだし、何かキーを押す。システムが再起動します。
とかいてありました。

CDやDVDを抜くように画面が表示されれば忘れないとおもいますが、表示されないこともあります。終了する前にCDを抜き取るのはどうも常識のような気がしてきました・・・・

人気blogランキングへ ←ランキングに参加してみました。いま何位?

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

2007年09月20日

バックアップソフトでCドライブを復元

パソコン奮闘記

イメージファイルからのディスクの復元

Acronis True Image8.0

Windows XP (メーカー仕様)

ボケネコは「増分」でなく何時も、「完全バックアップイメージ」を作成しています。
以下は「完全バックアップイメージ」を戻す時です。

すべてのアプリケーションソフトを終了しておきます。

Acronis True Image8.0(ボケネコは8.0です。新しいものでてます。)のCDをいれます。
CDの回転が止まったら、「スタート」→「終了オプション」→「電源を切る」

パソコンをCDから起動する。初期設定ではハードディスクドライブからシステムを起動しますが、一時的にパソコンをCDから起動することができます。
F12を押しながら電源スイッチを押す。(パソコンによって違うそうです。)
「起動ドライブ選択の画面」が表示されます。→ または ← キーでCDを選択し「Enter」キーをおします。

英語で、読み込み中です。お待ちください。と表示されます。日本語だと安心できるのに、パソコンはなんでも英語。黒い画面を見ていると落ち着きませんが気長にまちましょう。

Acronis True Image8.0が起動→「イメージの復元」をダブルクリック→「イメージの復元ウィザードへようこそ」の画面した「次へ」クリック

「イメージアーカイブの選択」の画面。左のツリーのなかから、もどしたいイメージファイルを選択→「次へ」

「復元前のアーカイブをチェックする」の画面。「チェックします」と「チェックしません」があります。会社はしていないようです。ボケネコは「チェックしません」にチェック。→「次へ」

「復元するパーティションまたはディスク」の画面→Cドライブを復元したいので、(c)の前のボックスをチェック→パーティションは解析中と表示→終わりましたら「次へ」

「パーテションの復元場所」の画面。復元先の領域を選択する画面です。
出荷時はCドライブ1つです。修理して戻ってきたパソコンを再セットアップすると当然ドライブはCドライブのみ。
ボケネコの場合、この画面ではCドライブとイメージファイルの保存されている外付けのハードディスクが表示されています。ちなみに、OSの入っているCドライブのところは「プライマリ・アクティブ」になっているはずです。

四角や丸のクリックするところはありませんが、文字列全体をクリックします。
黒文字が、バックブルー文字白になります。→「次へ」

「復元するパーティションの種類」の画面。OSの入っているCドライブは「アクティブ」を選択。(最初からアクティブになっていました。)→「次へ」

「復元するパーティションのサイズ」の画面。ここでサイズを変更したいときは数字を入力してください。(ただし、戻したいイメージファイルより小さいサイズはだめだそうです。)→「次へ」

「別の領域の選択」の画面。「別のパーティションまたはハードディスクドライブを復元します」と「〜しません」の選択画面です。

どういう時にするにチェックをいれるのか、理解してません。教えられたように、「復元しません」にチェック→「次へ」

Acronis True Imageはイメージアーカイブからデータの復元を開始する準備が出来ました。実行する操作の一覧は次の通りです。と処理内容が表示されます。
内容をチェックして、間違いなければ、「実行」

やく4〜5分程度でした。

終わりましたら、「完了」
忘れずにCDを取り出しましょう。

「操作」→「終了」

2度目の修理から戻ってきたとき最初CDを抜かず、終了。再起動でフリーズしてしまいました。

最初の時の処理内容の表示は

2個中1番目の処理が「イメージファイルのチェック」
2個中2番目の処理が「パーテーションの復元」でした

最初バックアップで、OE(アウトルック・エクスプレス)ユーザー切り替え、サブからメインに戻ろうとするとOEが閉じ、再起動しないと、OEが立ち上がらない時がありました。
それでまた最初からやりなおしました。もう一つ古いイメージファイルで。

2回目の時の処理内容の表示は

3個中1番目の処理が「イメージファイルのチェック」
3個中2番目の処理が「パーテーションの削除」」
3個中3番目の処理が「パーテーションの復元」でした。

あれ、たしかCドライブしかバックアップしていないイメージファイルを1度目もどしただけなので、削除するパーティションは無いはず????

このお話はまた明日か明後日に。

ボケネコは注意散漫。間違い一杯。このお話はボケネコがやってみたこと。ご自分で確認してくださいね。

マウスをハブでなく直接パソコン本体につないでみました。やっぱりどこかへカーソルが・・・。白い紙を敷いてみました。(チョッと遅かった)。明日最初から白い紙を敷いてみよう。

人気blogランキングへ ←ランキングに参加してみました。いま何位?

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。


作成していたイメージファイルチョッと違うみたい

パソコン奮闘記

イメージファイル、再度他のものを復元しようとして、処理にパーテーションの削除が表示され、とても気になりました。会社で見ていた時はそんなことはなかったのです。

復元のために作成したイメージファイル、自分が思ったものと違うものをバックアップしていたようです。Cドライブだけでなく、ハードディスク全体のイメージファイルを保存していたようなのです。普通はCドライブだけのイメージファイルを作ると、そこへ、さらに他のイメージファイルを復元しようとした場合、復元の時にパーティションの削除なんて処理はやはりないそうです。「復元の時に一つクリックわすれたように、作成の時もCドライブの選択のクリック忘れているよキット。」とアドバイスいただきました。

そのため、未割り当てが出来てしまったような。未割り当てがあるので、購入したAcronis Disk Directorを使わずに、拡張パーテションの論理ドライブを作ることができました。やり方は間違っていないそうです。

でもこれ問題なような。もともと問題の起きやすいソフトの入ったCドライブを丸ごとバックアップして、問題がおきたとき、データーの入ったDドライブを触らずに、Cドライブだけ、調子の良かった時のCドライブのイメージファイルをバックアップソフトで戻そうとしているのです。

もどすと、Dドライブのデーターが消えてしまうような。だって、Dドライブに相当する部分が未割り当てなのですから。二日考えたけれど???
おそらくすべてのイメージファイルが同じ状態だとおもいます。
やりなおすなら、今のうち。なんども質問して申し訳ないけれど、お時間ありそうな時に明日聞いてみましょう。

イメージファイルつくり間違ったおかげで、増設したハードディスクを使用できるようにすることを実際体験することができました。(未割り当てになっていたので、初期化の経験は出来ませんでしたが)

過去にFAT32やNTFS、プライマリーパーテションや拡張パーテーションについて少し勉強していたことが役にたちました。

入力途中でカーソルがどかへ行方不明。勝手にブラウザが立ち上がったり・・・
マウスのUSBを直接パソコンに繋ぐと少し改善。さらに白い紙を敷くとさらに改善。100%ではないけれど。やっぱり入力途中でカーソルがあらぬ方に。買い換えてみようかな、USBハブとパット。マウスも調子がわるいのかも。

関連記事
2007年05月23日:プライマリパーティションと拡張パーテーション
2007年05月16日:フォーマットの種類「NTFS」「FAT32」
2007年09月23日:未割り当てのパーティションを使えるようにするには

人気blogランキングへ ←ランキングに参加してみました。

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

2007年09月22日

パーティションの種類とドライブ

パソコン奮闘記

バックアップソフトで戻したイメージファイル、HDDごとバックアップしていたとして、CドライブとDドライブにしてから、CドライにHDD丸ごとバックアップしたイメージファイルを戻したらどうなるの?

残念ながら聞く機会がありませんでした。でもDのデータだけ外付けにバックアップをとれば、なにがおきてもリカバリして、再セットアップしてやり直すだけのはず。
パソコンが動くようになると、やり直すのが面倒、心細い・・・

日曜・月曜とお休み、在宅。実験してみようかな。頑張ろうかな・・・
今日は出かけてたので、時間がないからやめとおきましょうと、言い訳。

その間に復習。パーティションの種類について。

ハードディスクのパーティションには、プライマリパーティション(基本領域)と拡張パーテション(拡張領域)の2つがあります。

【プライマリパーティション】Primary Partition
WindowsなどのOS(オペレーション・システム)を起動するために利用するパーティション。XPの場合1台のハードディスクに最大4つまで作成できます。といってもハードディスクの容量にもよると思いますけれど。ボケネコのように30GBしかないとちょっと無理があるような。それにOSが一つなので、プライマリパーティションは一つで十分だと思いました。
パーティションを作成すると自動的に「C」のようなドライブ番号が割り当てられます。
プライマリパーティション自体がドライブです。

プライマリを「英辞郎」で英語を調べると

primary

プライマリー、プライメリ、
【形-1】第一の、初級の、基礎的な、第1位の、主要な、最初の、初期の、本来の
【形-2】一次の、主〜
【名-1】主要な事物、予備選挙、原発性陣痛微弱
【名-2】《コ》一次◆【略】PRI


【拡張パーテション】Extended Partition
システムの起動に利用できないパーティション。データーの保存やアプリケーションのインストールなどに利用します。パーティション単体ではドライブとして機能しません。内部に論理ドライブというドライブを作成することことで、初めてドライブとして使用することが出来るようになります。ドライブ番号は、デフォルト(初期設定)では、アルファベット順でプライマリパーティションの後になります。

【ドライブ】
ファイルやフォルダーを保管しておく場所

参考:SBPストアで購入できる Windows XP Home Wdition マスターバイブル
  :ウィキペディア パーティション

関連記事
2007年05月23日:プライマリパーティションと拡張パーテーション
2007年05月16日:フォーマットの種類「NTFS」「FAT32」

人気blogランキングへ ←ランキングに参加してみました。いま何位?

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。
ラベル:設定 パソコン

2007年09月23日

未割り当てのパーティションを使えるようにするには。

パソコン奮闘記

未割り当てのパーテションを使えるようにするには。

ボケネコのパソコンはWindows XP SP1 (メーカー仕様)

「スタート」 → 「コントロールパネル」 → 「パフォーマンスとメンテナンス」(カテゴリ表示の場合) → 

下の方にある「コンピュータの管理」 → 左側のタスクメニューの「ディスクの管理」

右側にディスクの状態が表示されます。

もう一つ。デスクトップに「マイコンピュータ」があれば、「マイコンピュータ」を右クリック → 「管理」 → 「コンピュータの管理」にたどり着けます。

未割り当ての部分で右クリック → 「新しいパーティション」 → 「新しいパーティションウィザード」が開きます。 →「次へ」 → 「パーティションの種類を選択」の画面 → 最初の一つ目のOSを入れるパーティションなら「プライマリパーティション」を選択。データー・アプリケーション用なら、「拡張パーティション」を選択。 

ボケネコの場合、バックアップソフトでイメージファイルを、再セットアップ後に復元したら、Cドライブのプライマリーパーティションと未割り当てが出来ていましたので、この未割り当てを使えるようにしようとしています。

ボケネコは「拡張パーティション」を選択 → 「次へ」 →

「パーティションのサイズの指定」ここで新しい拡張パーティションのサイズを指定します。表示されているサイズは未割り当てのところに表示されていたサイズが表示されています。(過去にDドライブとして使っていたサイズです)

ボケネコは全部をDドライブにするつもりです。数字はそのまま。「次へ」 → 「新しいパーティションウィザードの完了」画面です。「戻る」「完了」「キャンセル」しか選択支がありません。 取り合ず「完了」をクリックしてみました。

「ディスクの管理」を見てみると、「未割り当て」だったところ黒が明るいグリーンになり濃いグリーンの枠がついています。

拡張パーティションになっていますが、論理ドライブにはなっていません。昨日書いたように、拡張パーティションのままではフォルダーやファイルを保存できません。

拡張パーティションのところで右クリック → 「新しい論理ドライブ」 → 「新しいパーティションウィザード」が開きます。 →「次へ」 → 「パーティションの種類を選択」の画面 → 

「プライマリパーティション」「拡張パーティション」「論理ドライブ」の選択支があります。「論理ドライブ」を選択 → 「次へ」 → 「パーティションのサイズの指定」

ボケネコはこれ以上分けることを考えいませんの表示されたままの数字 → 「次へ」 →

「ドライブ文字またはパスの割り当て」画面 選択支は3つあります。最初の「次のドライブの文字を割り当てる」にチェック。 聞かないでくさい。残りの2つの選択支の意味がよくわかりません。ドライブ文字を選択する画面にはすでに「D」が表示されていました。 → 「次へ」 →

「パーティションのフォーマット」の画面  → 「このパーティションを以下の設定でフォーマットする」にチェック。

「ファイルのシステム」はXP、他のパソコンと共有することもないので、最初から表示されている「NTFS」
「アロケーションユニットサイズ」すでに表示されている「規定値」
これはわからなかったの表示されているまま「規定値」にしました。
「ボリュームラベル」すでに表示されている「DETA」
これもわからないけれどデータを保存するつもりなのでそのまま「DETA]にしました。

→ 「次へ」 → 「新しいパーティションウィザードの完了」画面です。「戻る」「完了」「キャンセル」しか選択支がありません。「完了」をクリック。

「完了」をクリックするとフォーマットが開始されました。19GBもないのに随分時間がかかりました。
「ディスクの管理」をみると、明るいグリーンだったところが明るいブルーとなり、ドライブ文字・容量・ファイルのシステム等が表示されていました。

新しく出来たDドライブにデータを戻してみました。フォルダもファイルも開くし、書き換えもできます。大丈夫、出来たみたいです。

Acronis Disk Director せっかく買ったのに使わずに終わってしまいました。

でもAcronis Disk Directorを使えば数秒で終わったはず。専用ソフトはそれなりことはあるということでしょう。

今日の記事となんの関係もありませんが、見つからなかったブログを書くために使っていたよく使うタグやリンクをかいたテキストファイルをみつけました。

久しぶりに予約投稿をしてみます。パソコンと奮闘、またおかしなことをしてパソコンが使えなくなるかもしれませんので。しばらく記事がなければ、ボケネコがまたパソコンに遊ばれているということです。

関連記事
2007年05月23日:プライマリパーティションと拡張パーテーション
2007年05月16日:フォーマットの種類「NTFS」「FAT32」
2007年09月20日:作成したイメージファイルチョッと違うみたい
2007年09月24日:Vista体制下におけるパーティションの仕切り方
2007年09月26日:2つ目のHDDの最初のパーティションは?おまけ、Vista SP1の情報サイト ← 今日の記事を図入りでわかりやすく説明したサイトへリンクを張っておきました。

人気blogランキングへ 
←ランキングに参加してみました。今何位かな?

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。
ラベル:パソコン 設定

2007年09月24日

Vista 体制下におけるパーティションの仕切り方に関しての変更

パソコン奮闘記

デュアルブートについて22日の記事にコメントいただきましたので記事にしてみます。
ボケネコにはとても難しくわからないことが沢山です。

OSがふたつなので、プライマリパーティションが2つ必要だということです。多分。一つのHDDを2つに分割してプライマリパーティションを2にするか、物理的にHDDを2つ用意することになると思います。

HDDを分ける場合、Vistaのビジネスの場合OSだけで60BGの容量が必要だそうです。現時のHDDに空き容量があるかどうかが問題です。(Vistaの場合はもっと他にも問題がありました。)物理的にHDDを2つにする場合は設定方法が色々あるようです。それ以前にマザーボードの拡張性や機能の問題もあるようです。ボケネコにはとても難しい事でわからないことだらけです。

それとVista 体制下におけるパーティションの仕切り方に関しての変更で、XPとVistaの場合2000とXPのデュアルブートと違ってきているようです。

最後に紹介するブログ「ひとりよがりの窓」に詳しいことが記載されています。ご自分でも検証されているのでかなり確かだだとは思いますが、パソコンは一台一台みな違うのでなんとも言えないところです。

※参考にされるかたはあまり好きな言葉ではありませんが自己責任でお願いします。最近Vistaに対応した、パーティションを管理するソフトも発売されているようです。こちらも内容をよく確認しないと、ボケネコのようにインストールできないホームページビルダーを買ってしまうなんてことになりますよ。

それにしても最近はHDDはCドライブだけのパソコンが主流なのですか?気がつきませんでした。「ひとりよがりの窓」よんで初めてなるほどと思いました。
「ブートシステムとOS(Windows)本体を別パーティションにインストールする方法」をみてなるほどと思いました。一部ブログ「ひとりよがりの窓」引用させていただきます。
Vista 体制下におけるパーティションの仕切り方に関しての変更です。

Vista のインストールDVDでは、従来と異なりパーティションを仕切ると、それらは無条件にすべてプライマリ(基本)パーティションになってしまいます。したがって、パーティションは4つまでしか、仕切れません。
また、Vista の『ディスクの管理』の操作からは、最初に仕切るパーティションから、3番目に仕切るパーティションまでの3つが、無条件にプライマリ(基本)パーティションになり、4番目以降が拡張パーティション中の論理パーティションになります。それ以外の形にする自由は全く与えられておりません。

ひとりよがりの窓 → [P5]先にVista をインストールし、後から、XP(以前のバージョンのWindows)をインストールして、デュアルブートにする方法

ひとりよがりの窓 → [P4]Vista においてブートシステムとOS(Windows)本体を別パーティションにインストールする方法(システムパーティションとブートパーティションを分離する方法)

関連記事
2007年05月23日:プライマリパーティションと拡張パーテーション
2007年05月16日:フォーマットの種類「NTFS」「FAT32」
2007年09月23日:未割り当てのパーテションを使えるようにするには

人気blogランキングへ
ランキングに参加してみました、今何位かな?

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

2007年09月25日

HDDを上手に使う・テクノ生活入門

こんなもの見つけたパソコン編

一度目の修理からパソコンが戻ってきたとき、自分ではイメージファイルを復元できなく、SOSで人にお願いしてしまいました。家に帰ってパソコンをみると、マイコンピュータにCドライブしかありません。(この時Cが何GBか確認してません)
外付けのHDD(ハードディスク)があるからいいかなと思いながらも、なんとなく心細い。落ち着かない。物騒なところに鍵のないお家に住んでいるような感じです。

一度CドライブとDドライブ、そして外付けのHDDの状態を経験すると、パソコン本体にCドライブ一つは不完全なパソコンに思えてしかたがありません。
それであくる日また会社へパソコン持っていきました。このノートパソコンを会社に運ぶのは3度目。

「すみません。どうもDドライブがないと落ち着かなくて、もう一度Dドライブを作っていただけませんか。」とお願いしました。快く「すぐ出来るからパソコン持っておいで」と言っていたきました。「あの、今日持ってきているのですけれど・・・」「出してすぐ出来るから」

ア〜というまでした。パソコンだして、片付けるほうがよほど時間がかかりました。
そのあと又ブルー画面でパソコンを修理にだしました。

それで、もし修理代が高ければ、エプソンで新しいパソコンの購入を考え相談。エプソンにパーティションの作成を頼むと5千円以上します。パーティションを作成するソフトを買って自分で仕切りをつくることを覚えたほうが結局安くすむのではと。紹介していただいたソフトが、Acronis Disk Director Personalです。2千円しません。ただしVistaには対応していません。もし修理することになれば、会社にまた持ってきてお願いしなくてすみますので購入!!。Vista対応のソフトも出てきているようです。

ボケネコが、つぎパソコンを買うときは、絶対パソコン本体にドライブ2つが条件です。
パーティションでも、物理的にHDD2つでも。出来ればHDD2つのほうがいいかな。

ところで、HDD2つのとき、一つ目のHDDはOS用のプライマリパーティション用ですよね。
2つめのHDDはやはり最初にプライマリパーティションを作ってから、拡張パーティションを作らないといけないのでしょうか。それともいきなり拡張パーティションに全てすることが出来るのでしょうか?

悪いくせでまた疑問!!
一つのHDDをCドライブとDドライブにわけて使うことに関しては朝日新聞のてくの生活入門の記事が、ボケネコのわけのわけのわからない文章よりわかりやすく説明されています。アスパラ会員に登録すると過去記事を3ヶ月分読むことができます。

朝日新聞のてくの生活入門

  • 9月15日HDDを上手に使う上 「データは別ドライブに保存」「デスクトップも移動」

  • 9月22日HDDを上手に使う下 「パーティション分けして管理」「市販ソフトを使えば簡単/LI>
 
9月28日まではで → 「てくの生活入門」HDDを上手に使う(下)
9月29日以降はリンク切れとなります。

アスパラ会員登録 → asPara 新規登録 右サイドにあります。

登録がすみログインしたページの「読み物」のページにあります「be」 → 「Business」へ。スクロールして下に下がると「てくの生活入門」があります。
新聞ではパーティション操作ソフトの紹介もされていましたが、ネット上には掲載されていません。興味のあるかたは図書館で新聞を見てください。保存されてる図書館もあるとおもいます。

クリックすると → Googleでの「パーティション操作ソフト」で検索をかけた結果のページが表示されます。見るときで内容はかわってきますが、興味のあるかたは、のぞいてみてください。9月24日PM23:30時点では1ページめには新聞に掲載されていたソフトは1つしかありませんでした。かなり古い記事が1ページに表示されているので注意が必要だと思います。

人気blogランキングへ
 ← ランキングに参加してみました。いま何位?

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。
ラベル:パソコン 設定

2007年09月26日

2つ目のHDDの最初のパーティションは?おまけ、Vista SP1の情報サイト

パソコン奮闘記

2つめのHDD(ハードディスク)最初のパーティションはプライマリパーティションでないといけないのか、全部を拡張パーティションとしてつかえるのか、昨日の疑問、「NowDO!.com ノードー」のサイトを見ると、全部を拡張パーティションにできるようです。(自分で実験してみる気には今のところなれません・・・)

また、9月23日の「未割り当てのパーティションを使えるようにするには」のボケネコの記事は文字ばかりですが、「NowDO!.com ノードー」さんのサイトは図入りでとてもわかりやすくまとめてあります。

NowDO!.com ノードー → パソコン基礎の講座第五回:ドライブの増設

Vista SP1の情報サイト

CNET Japan 2007年09月25日 → マイクロソフト、Vista SP1のベータテストを開始

CNET Japan 2007年8月30日 → Vista SP1、登場は2008年第1四半期--マイクロソフト発表 


人気blogランキングへ ←だれもクリックしてくれない・・・

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

2007年09月27日

音声セミナー「バックアップとその注意点1」のリンク紹介

こんなもの見つけたパソコン編

パソコン壊し修理にだし、一ヶ月半以上パソコンが入院していたボケネコ。Cドライブだ、Dドライブだ、外付けハードディスクだ、パーティションだ、Cドライブのイメージファイル、Dドライブのデーターだと右往左往のボケネコ。グットタイミングです。是非きいてみてください。

クラブQ&A編集長林俊二先生の「パソコンの困ったときの基礎知識」の第2回「編集長セミナー」の音声公開

第2回-1 「バックアップと、その注意点(1)」

クラブQ&Aの8月30日(木)の第2回となる「編集長セミナー」を、5回に分けて音声で公開されます。9月27日にその一回目が公開されました。。

バックアップとはなんぞや。
ハードディスクとは?
一番壊れやすいもの、壊れる前兆は、上手に使うには。とう等。

パソコン本体のハードディスクと外付けのハードディスクでハードディスクが2つある場合と、本体の1つのハードディスクがパーティションで区切られて、見かけ上2つドライブがあう場合の違いの違い。パソコンの本体をCとDに分けるメリットは、とう等、とても基本的なことが語られています。残りの4回もとても楽しみです。

ここまではボケネコの理解と同じでした。それにしても参加者の皆さんお幸せ。ハードディスク壊れた経験ないなんて!!

これからの予定
1.バックアップと、その注意点 その1と2 今回の分がその1です。
2.自分に合ったバックアップを!その1と2と3です。

ボケネコ30GBのノートパソコンです。もっとハードディスクの容量があれば、OS用、アプリケーション用、イメージファイル用、データー用に2つ、合計5つ欲しいな。

そして外付けのハードディスク(これもパーティションで分けて分類保存)。大切なものや長期保存でCDに入る容量のものはもちろんCDにコピー。CDにはいらないイメージファイルはGメールのサーバーの利用を考えています。Firefoxの場合拡張機能を利用すると、ドラッグ&ドロップでGメール上にファイルをアップロードできるらしいので。是非そのうち試してみたい・・・(いつのことやら・・・)

これからのお話の「自分にあったバックアップ」を聞いて考え方かわるかもしれませんが。

もっと正直なお話。ハードディスクは買えるけれど、自分のデータはどこにも売っていない、大切なのはデータと皆さん言われます。

今回パソコン壊れて思いました。ボケネコの場合なくなって困るデーターなんてほとんどないのです。大切なメールマガジンもなくなったからといってさびしくはあるかもしれませんが困りはしません。

多少困るのはメールアドレス、少し不便なのはブックマーク(お気に入り)くらいです。
それでも、色々考えるのは勉強のためです。

人気blogランキングへ
 ← ランキングに参加してみました。いま何位?

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

2007年09月28日

USBハブを新しくしたらプリンターのドライブを要求?

パソコン奮闘記

ポインターが勝手に入力途中でどかへ。気がつけばブラウザを選択して勝手にたちあがったり、文章のとんでもないところへ入力の途中で勝手に確定してから飛んでいったり。

USBハブとマウスパッドを買い換えました。
ところが、改善されるどころか、プリンターを認識しません。

状況とやったこと考えられる対策と後愚痴はあとにして、結論。

USBはだいたいケーブル2〜3mながくて5mが有効範囲だったと記憶しています。転送速度が落ちると聞いたような。(なにを調べても記載されていないので間違いかもしれません。)もとのケーブルが約2mにUSBハブのケーブルが1.5m合計3.5mになっています。

複合機のメーカへの問合せでも、USBケーブル2m以上の物や、HUB等で分岐して接続した場合においての動作保証をしておりません。PCとの接続はUSBケーブルを直接挿入してのご利用をお願いしておりますと回答がありました。また利用頂いてるOSが古い場合USB機器のデバイス認識ができない事がありドライバを要求してくる場合もあるそうです。これは当てはまりません。複合機もUSBハブもOSは確認してますので。

カーソルがどかへも、マウスからパソコンまでのケーブルが長すぎるのかもしれません。直接だと少しは(完全ではありません)安定するところをみると、ハブを経由しているのが良くないのかもしれません。

お店でみたUSBハブ、だいたい1.5mのケーブルでした。もっと30pとか50pとか短いもの売っていないのでしょうか。欲しいな、30pケーブルのUSBハブ。

ではUSBハブを買ってからどうしたか、なにがおきたか。
購入後、パソコンの電源をいれ、ハブをACアダプターに接続。パソコンのUSBポートにUSBハブを差込、それから、マウス・テンキー・FDD(フロッピーディスク)・プリンターとUSBハブに接続。

いきなり、プリンターのドライバーを要求するウィザードが表示されました。×で閉めても閉めても。

USBハブ新しいものを購入して交換してからは(シグマA・P・OシステムUSBハブ「SHBH7TR」)USBハブ経由でプリンターとパソコンを接続した状態でパソコンを立ち上げるたびにドライバーの要求ウイザードが表示されます。

パソコンを確認すると、ソフトはインストールされた状態が確保されています。にもかかわらず、毎回ドライバーのインストール要求のウイザードが表示されドライバーCDを要求。
×でも閉じられず、USBハブから抜き取ると、正常にインストールされなかったので使えないかもとエラー表示がされます。

(くどいと言われそうですね。でも・・・愚痴りたくなります。)

直接パソコンのUSBに差し込むと印刷できます。
あるいは、ドライバー要求後ハブからUSBを抜き、エラー表示が出た後USBを再度差し込み、この状態で印刷をかけると、印刷できませんが、USBハブから抜き差しすると印刷出来るようになります。

前のハブの時は、エラー表示はでませんでしたが、印刷出来ず、プリンター側のコネクタを抜き再度差し込むことを数回すると印刷ができていました。(パソコン側のUSBハブからの抜き差しでは印刷できませんでした。)
まえののハブのときもハブを購入したときからです。

今回はPCの電源を入れるたびにドライバーの要求がされてプリンターを接続した状態ではパソコンがつかえません。

3つのUSBハブを使ってきましたが1つ目は良かったのです。相性があるのでしょうか。ノートPCでUSBポートが2個です。1個を外付けHDDにつないで、もう一つにUSBハブを使い、マウス・テンキー・FDD・プリンターを接続しています。現状プリンターをPC本体のポートを使うのは難しい状況です

  1. 結局ハブを使わず一つをマウス、もう一つをプリンター・外付けHDD・FDDと必要なものを差し替え、テンキーをあきらめるしかないような。

  2. パソコンが立ち上がっている状態で差し込むと認識するようなので、新しいハブを使い、パソコン本体につなぎ、ハブにはマウスとテンキーを、プリンターが必要になったら、ハブに差し込む。マウスの動作の悪さはあきらめる。

  3. 前のハブを使う。これなら、最初からハブに差し込んで置けます。時々認識しませんが、認識しないときは、プリンター側のコネクタを抜きさしすれば印刷できます。これもマウスの動作の悪さはあきらめる


無駄な買い物をしてしまいました。前のハブでよかったのでした。
それにしてもUSBハブてこんなに高かった?
ACアダプタでの電源供給タイプにこだわり、置くスペースを考えて形を選びました。
4ポートで十分なのですが、両方にこだわって選ぶと7ポートあるシグマA・P・Oシステム「SHBH7TR」くらいしかお店に無かったのです・・・

皆さんUSBハブ使っている方は問題おきていないのでしょうか。会社でも、ノートパソコンに、事務所にいるあいだは、キーボード、マウス、テンキーと一杯USBハブでつないでつかっている人がいますが何の問題もおきていません。どうしてボケネコが触るとなんでも普通にいかないのでしょう。悲しい。
シグマA・P・Oシステム、USBハブ「SHBH7TR」「HBH4TR」シリーズを発表。双方ともホワイトとブラックの2カラーバリエーションを用意。価格はオープン、予想実売価格はSHBH7TRが3980円前後、HBH4TRが1980円前後(双方税込み)。
USB1.1/2.0対応のUSBハブで、SHBH7TRは7ポート、HBH4TRは4ポートを利用可能。底面に強力なマグネットを備えるほか、高粘着ゲルも装備。卓上にしっかり固定することで、抜き差しが容易な設計となっている。

 7ポートモデルのSHBH7TRは付属のACアダプタによるセルフパワーに対応。4ポートモデルのHBH4TRはバスパワー駆動となる。対応OSはWindows Me/2000 Professional/XP/Vista、MacOS X 10.3以降。

2006年08月06日:マウス生きていた・ラベル印刷OK
2007年09月30日:シリアル・パラレルポート(インターフェイス)て?

人気blogランキングへ ←ランキングに参加してみました。いま何位かな?

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

2007年09月29日

星座物語おとめ座

こんなもの見つけたPC編 HP・ブログ・他

2006年10月15日紹介のアーティスト KAGAYA氏のホームページです。
すでに見つけられた人もいるかとは思いますが、毎月紹介したいと思います。

パソコンがこわれて8月にアップできませんでした。来年をまつにはあまりにも先です。
遅れましたがアップしました。

星座物語 誕生日星座の神話 おとめ座
バァーゴ(乙女座)
8月24日〜9月23日生まれの人の星座

KAGAYA氏のイラストと星座のお話を見ることがでます。
おとめ座生まれの方どうぞ!!

娘ペルセポネーを死の国の王プリートにさらわれたゼウスの妹で農業の女神デメテル。悲しみのあまりほらあなにこもってしまいます。天照大神が岩戸にこもり、日がてらなくなってしまったお話を思い出しました。

ゼウスがプルートにたのんで、ペルセポネーは地上に帰れることになりましたが、帰り道冥界のざくろを4つ食べ、一年の4が月を死の国の女神として暮らすことになりました。その4か月が、デメルテが悲しむ冬となりました。

冥界のざくろと、農業の女神の母の愛と悲しみが四季をわけたとか。

神様はみな人さらいが得意?

他の星座も毎月紹介しますが、待てない方、左したの「他の星座を見る」で星座の一覧表が開きます。そこから自分の星座をみてください。

リンクフリーですが、転記できませんので見に行ってください。

スターリーテイズ(星座と神話)
こちらには、7つの神話と12星座シリーズのイラストがあります。
此方も順次紹介します。
リンクに行ってご自分でさがしていただくのも良いです。
でもボケネコのページから、綺麗なイラストが表示されると嬉しいので、すでに見ていらっしゃると思いながらも取り上げます。

乙女座のスピカの探し方

乙女座の探し方

スピカはラテン語で穂先 白色の一等星

ティアスター星の雫症高度細密表示デバイス
マンガ 星空の物語―神話と伝説のロマン えびなみつる(著)

人気blogランキングへ
 ← ランキングに参加してみました。いま何位?

★クリックで救える命がある★ ←募金サイト
ラベル:アート 宇宙 星座 HP

2007年09月30日

シリアル・パラレルポート(インターフェイス)て?

パソコン奮闘記

折角USBのハブを買ったのにハブ経由では周辺機器がうまく作動しません。
USBがだめならシリアルで接続してはとのアドバイス。でも???です。

パソコンのガイドブックをみるとボケネコのパソコン本体には、USBコネクタ2個、LUNコネクタ1個、S端子出力コネクタ1個、RGBコネクタ1個、モジュールジャック1個、セキュリティ・スロット1個、PCカードスロットがあります。
S端子はテレビと接続、パソコンの画面をテレビ画像に表示できます。
RGBコネクタの説明にはCRTディスプレイを接続、CRTディスプレイに表示できます。

シリアル・パラレルという言葉はききますが、なんのことやら、理解していないものは説明出来ません。会社で、RS-232Cの出力でプリンターと繋ぐためにパソコンにシリアルポートが必要だけど最近のパソコンには無いことが多いから、パラレルポートがないとかいう話をききますが、ちんぷんかんぷんです。

IT用語辞典と@ITを調べてみました。視覚的にコネクタの画像があること、内容が詳しいこと等から、@ITの「ケーブル&コネクタ図鑑」が情報としては理解しやすいように思います。

IT用語辞典 e-Wordsによると、

IT用語辞典「シリアルポート」
IT用語辞典「パラレルポート」

@ITによると

IT用語辞典「パラレルインターフェイス」
IT用語辞典「シリアルインターフェイス」
IT用語辞典「USB」(コネクタの画像あり)

難しいことは解りませんが、データをパソコン本体と周辺機器の間でやりとりするデータの転送方法のインターフェイスの種類ということのようです。シリアルは1つの信号線を使用して1ビットずつデータを順次送信するタイプ。パラレルは複数の信号で同時に複数のビットを転送。

パソコン用のパラレルポートとしてはIEEE1284やセントロニクス使用などがもっとも普及しているそうです。
パソコン用のシリアルポートとしては、モデムなどとの接続に使われるRS232Cがもっとも普及していると書かれています。ほかにはUSB・IEEE1394・ IrDAなどもシリアルポートの一種だそうです。ボケネコにとって一番みじかなのがUSB。

さらにRS232CとIEEE1394を調べると

「RS232C」→ 米国電子工業会によって標準化された、シリアル通信規格の一つ。シリアル通信方式としてはもっとも普及しており、ほとんどのパソコンに標準で搭載されていて、最大長は約15m、最高通信速度は115.2kbps。

IT用語辞典「RS232C」
@IT「RS232」

「IEEE1394」 → 次世代の高速なSCSI規格。デジタルビデオカメラの外部出力端子(DV端子)に採用されている。

IT用語辞典「IEEE1394」
@IT「IEEE1394」

どちらにしても、シリアルだからといって、互換性がない場合もあるような、差込口の形状もちがいますし。

だから、間違って購入するとケーブルが接続できない、データのやり取りが出来ない、新しい規格のものが増えてくると、古い規格のポートしかないとパソコンと接続できないということがおきてくるのではと。マウスもSP/2ポートの差込口があればSP/2ポート対応のマウスを買うのですが、残念ながらボケネコのパソコンにはありません。

ボケネコが使用している外付けハードディスクは、「USB2.0/1.1ポートと、100BASE-TX以上の対応のLUNポートがある機種に対応しています。」とかかれています。2つ差込口形状の違うポートがあります。

下記のサイトをみると形状など視覚的な事がわかります。パソコン初心者には、言葉より画像のほうがわかりやすい感じがします。

@ITケーブル&コネクタ図鑑 → シリアル/パラレル・ポート

記事のmoreをクリックするとそれぞれの項目の詳しいことが説明されています。
下のリンクは一番目の「シリアルポート・9ピン」のmoreです。

@ITケーブル&コネクタ図鑑 → ケーブル&コネクタ図鑑シリアル・ポート

会社で「ディサブの9ピン 25ピン」と言う言葉が頭の上を通りすぎていきますが、やっと↑のURLで物がわかりました。読むものが一杯

「RS232C」はほとんどのパソコンに標準装備されているなら、ボケネコのパソコンは?

ここからはボケネコの勝手な妄想。
考えられるのは、パソコンとモデム(今はパソコンとルーターとモデム)を繋いでいるのがシリアルの「RS232C」????
ただしシリアルポートの9ピン・25ピンはありません。@ITによると最近のノートパソコンには無いことが多いようなのです。自分のパソコンのポートは何に使うはわかっても、どの規格なのかがわかりません・・・・

難しい言葉ばかりでほとんど理解できませんが、そのうち何度も読んでいるとわかるようになるかもしれません。

最初、FAT32調べても何のことやらが、最近なんとなく見えてきましたし。
百読あるのみ!!

ハートフルライフ2 → 数の話16進法
↑でイカルスさんがシリアル・パラレルの記事を書いています。

関連記事
2007年09月28日:USBハブを新しくしたらプリンターのドライブを要求?

人気blogランキングへ ←だれもクリックしてくれない・・・

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

ラベル:パソコン 接続