2008年09月05日

「ブログランキング」クリックと「プロキシサーバー」

そんなに気があるわでもないわりには、人気ブログランキングのリンク確認のクリックをしています。(矛盾する自分が存在しているわけです。)他のだれがクリックしてくださるわけでもないので、自分でするクリック数はわかります。

8月中旬すぎから、異変が。プロバイダーの「ホームページウイルスチェックサービス」の設定をしてから。inのクリックの数が自分のクリック数より少ないのです。

気がつくのにしばらくかかりました。プロバイダーのプロキシサーバー経由で、人気ブログランキングをクリックしても、カウントされません。

Hiroさんの応援クリックをしていた時だったら気がつかなかったと思います。沢山の人がクリックしてましたから。

その時は、プロバイダーの「ホームページウイルスチェックサービスは始まっていませんでした。良かった!!応援クリック「わっしょい」がカウントされていて。

他の人のブログで、お世話になったり、いいものを読ませていただいたり、楽しませていただいた時は、人気ブログランキングのクリックしていたのですが、今はやめています。
ゴメンなさい。カウントされないのですから。

自分のブログの人気ブログランキングのリンクが間違いなくはられているか確認のため、ブラウザのプロキシ設定を変更して、確認している私。
(もちろん、リンク確認を終えたら、「インターネットに直接接続する」から「自動プロキシ設定スプリプトURL」にラジオボタンの選択を変更しています。)
普段ブラウザはFirefixです。

やはり、矛盾したものを抱えています。

Firefoxのプロキシ設定解除

ツール → オプション → タブ「詳細」のタブ「ネットワーク」 → 接続の「インターネット接続に使用するプロキシを設定します。の「接続設定」のボタンをクリック。→ 「インターネット接続場面の、インターネットに直接接続する」のラジオボタンを選択 → 下の「自動プロキシ設定スプリプトURL」のラジオボタンがはずれます。 → 「OK」 → 「OK」

クリックが終わったら、今度は、自動プロキシ設定スプリプトURL」のラジオボタンを選択 → 「OK」 → 「OK」で「ホームページウイルスチェックサービス」をうけられるようにプロキシサーバー経由でWebサーバーへ。

プロキシサーバーに認識してもらうために、ID・パスワード入力、プロキシの設定の解除・また設定。そこまでしている自分・・・

IEのプロキシの設定解除は、先日の記事の「自動構成スプリプトを使用する」のチェックをはずし、「設定を自動的に検出する」にチェック

IEの設定の復習
ツール → インターネットオプション → 接続 → ローカルエリアネットワーク(LUN)の設定にある「LAN設定」ボタンクリック → 自動構成欄の「自動構成スプリプトを使用する」にチェック → アドレスにプロバイダー指定のアドレスを入力 → 「設定を自動的に検出する」にチェックが入っていた場合は外す → 「OK」 → 「OK」

2008年09月06日

ブラウザ「Google Chrome」の公開

グーグルが高速ブラウザ「Chrome」のベータ版を公開。
速度・セキュリティ面に優れているようです。
FirefoxもFirefox3.1で「TraceMonkey」と呼ばれる新しいJavaScriptエンジンを採用する予定だそうです。
Webの世界はどんどん進歩。ついていくには、自分で情報を把握して、自分でパソコンにソフトをインストールしたり、設定したりしなければいけません。
なんだかストレスの溜まる世界です。

せめて、セキュリティに関しては勉強して、自分のパソコンを守り、人へ迷惑をかけないようにすることは心かけたいものです。セキュリティソフトだけに頼るだけでは不十分のような気がしています。

「Google Chromeのダウンロード・ページ」のリンクもはっておきますが、自分では試していません。まだ、Firefox3にもしていないのですから。フリーソフトです。ベータ版です。
インストールするかどうかはご自分の判断でお願いします。

素人の私には難しいことはわかりませんが、ブラウザが沢山のメモリを占有しているのは実感しています。記事の中で↓を読んで、なんとなく、早いかなと思ったり・・・。なによりセキュリティ面が優れているのかなと。速さも大切かもしれませんんが、ブラウザ自体のセキュリティがアップすることを願っています。
Firefox3もさらに進化しています。

itproより
従来のタブ・ブラウザでは,一つのプロセスの中で複数のタブが動作している。この場合,ユーザーがタブを閉じても,そのタブが利用していたメモリー領域がうまく解放されないことがあるという。そのため,ブラウザが占有するメモリー空間がどんどん肥大化していき,その結果ブラウザ自体ががハング・アップしてしまうことがある。一方,Chromeではタブごとに個別のプロセスを利用する。これは一見,メモリーの占有量が増えるように見えるが,実際には,タブを閉じればそのタブに対応するプロセスがまるごと終了し,確実にメモリー領域を解放する。その結果,従来のタブ・ブラウザよりもメモリー使用量が減るとしている。

Chromeではセキュリティ面にも配慮がなされている。例えば,Chromeは「サンドボックス」と呼ばれるセキュリティ上の枠組みを採用した。 Chromeの各プロセスは演算処理は実行できても,パソコンのハードディスク上に書き込み処理をしたり,重要な情報の置かれている領域からデータを読み込んだりすることはできない。フィッシング詐欺サイトや,マルウエアの置かれているWebページにアクセスすると警告を出す「セーフブラウジング」機能も実装されている。

Webブラウザの高速化に取り組んでいるのはGoogleだけではない。Mozillaでは時期バージョンのFirefox 3.1で「TraceMonkey」と呼ばれる新しいJavaScriptエンジンを採用する予定だ。MozillaのCTOは2008年9月3日, Blogの記事中で開発中のTraceMonkeyとV8とを比較したSunSpiderのベンチマーク・テスト結果を披露した。これによれば,TraceMonkeyはV8を上回る速度をマークしている。

「Webアプリケーションは,従来型デスクトップ・アプリケーションと同等の機能を持ち,同様に『実体化』する」という概念を形成することである。そのためChromeは,競合Webブラウザが搭載している当たり前の機能の多くを備えていないにもかかわらず,「Gmail」「Google Calendar」「Google Apps」などあらゆるWebアプリケーションをWindowsのショートカットからアクセス可能なデスクトップ・アプリケーション風に変えられる。この機能の目的は,従来型アプリケーションとWebアプリケーションの境界を曖昧にすることなのだ。

グーグルがブラウザ戦争に参戦,高速ブラウザ「Chrome」投入
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080905/314203/
米グーグルは米国時間の2008年9月2日,Webブラウザ「Google Chrome」のベータ版を投入,Webの世界に新たな1ページを刻んだ(写真)。その登場は同社の公式ブログによって知られることになった。

Web体感速度を劇的に速める「Google Chrome」の狙いとは
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080903/314099/?ST=ittrend

Google ChromeはMSに対する恐怖心の現れか?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080904/314153/

Google,オープンソースのWebブラウザ「Google Chrome」を公開へ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080902/313939/?ST=ittrend

Google Chromeの速度をチェック,Firefox3よりも1.7倍高速
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080905/314239/?ST=ittrend

GoogleがGoogle Chromeのベータ版を公開
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080903/314018/?ST=ittrend
対応OSはWindows XP/Vista。同社のWebサイトで、日本語を含む数十カ国語のベータ版が無償でダウンロードできます。

Google Chromeのダウンロード・ページ
http://tools.google.com/chrome/

Firefox3の正式版の配布が始まったのは2008年6月18日です。
↓の記事がitproに掲載されたのは6月20日です。
ついに登場Firefox 3,最速ブラウザはどれ?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080619/308808/

記事を読むだけで実行のともなわない私です。

追記
考えてみたら、プロバイダーの「ホームページウイルスチェック」サービスの対象外のブラウザでした。

人気blogランキングへ
 ← ボケネコに励ましの一票を。

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

2008年09月07日

プリンターの電源が切れない、PCから印刷できない

昨日、パソコンからテキストファイルを印刷しようとしました。
印刷できません。

スタート → コントロールパネル → プリンタとFAX(クラッシク表示) → 該当プリンターのアイコンをダブル右クリック → プリンタのドキュメントはあります。

状態はエラー。

ヘルプで確認。

コマンドプロンプトから印刷で、印刷できますか。
え!!なに、それ???
説明通りためしてみました。

プリンターポートはUSB001を使っています。
スタート → すべてのプログラム → アクセサリ → コマンドプロンプト 

copy con USB001 と入力 → Enter キーを押します。
さらに、コマンド プロンプトで、次のように入力します。
showpage → Enter キーを押します。
Ctrl キーを押しながら Z キーを押し、次に Enter キーを押します。

プリンタから用紙が 1 枚排出された場合は、コンピュータとプリンタが正常に接続されているそうです。

用紙排出しません。

ヘルプを見て、自分の思いつく範囲で色々ためしたみました。

スタート → コントロールパネル → プリンタとFAX(クラッシク表示) → 該当プリンタのアイコン右クリック → 「プリンタをオフラインで使用する」になっているのを確認。既定プリンタになっているのを確認。

USBの抜き指し(プリンタ側・パソコン側両方))

パソコンの再起動

USBケーブル予備のものに変えてみみました。

ヘルプに、プリンタの電源をオフにしてからもう一度オンにすると、プリンタのメモリがクリアされ、それによって多くの問題が解決する場合があります。プリンタの電源をオフにして 10 秒待ち、もう一度電源をオンにして、ドキュメントを印刷してみます。とあります。

プリンタ(複合機)の電源を切るため電源ボタンを長押し。

あれ電源が落ちません・・・・
電源ボタンが壊れた???

念の為、2つあるUSBポート、1つはマウス、1つはプリンターに繋がっているのを、逆に差し替えてみました。

あれ?

マウスが反応しません。

Fnキー+F9キーでタッチパットを使えるようにしました。
もう一度USBのつなぎを元に戻しました。マウスが反応します。

USBポートの差込口が壊れた?

パソコンメーカーと複合機のメーカーの修理サポートへ電話。

本当は複合機メーカーと先に話したをしたかのですが、なかなか繋がらずパソコンメーカのほうが先につながりました。

本当に先に複合機のメーカーと話しが出来れば良かった。
パソコンから印刷をかけたら、印刷が出来ないこと、プリンタ(複合機)の電源が長押しで切れないことを話ました。

プリンターのジョブがあることを確認、もう一度電源長押し。電源が切れません。
では、ジョブをキャンセルして、コンセントを抜いてください。

プリンターがフリーズしている可能性があります。そのため電源が切れないかもしれないそうです。

あ!!
パソコンと同じくプリンタもフリーズするんだ!!
パソコンの電源が長押しで切れない時、ACアダプターを抜き、バッテリーをはずすのとおなじことでした。

再度コンセントを差込
スタート → コントロールパネル → プリンターとFAX(クラッシク表示) → 該当プリンター右クリック → プロパティ →  テストページの印刷 

紙が出てきました。

お礼を言い電話を切ろうとしたところ、その前に電源を長押しして切れるかどうか、切れた場合、再度電源がはいるかの確認をお願いします。確認が出来ましたら電話を切らせていただきますと。

また肝心のことを忘れていました。大丈夫です。切れました。再度電源ON。OKです。
本当にブラザーのサポートさん有難うございました。助かりました。
自力で解決できるほど、能力があればいいのに。

ちなみに、壊れたと思ったUSBポートで印刷ができました。
USBメモリも壊れたと思ったUSBポートで開くことができました。
USBポートがほかの機器でも反応しなかったのは、プリンタがフリーズしたためのようでした。
パソコンと周辺機器の接続て微妙なんですね。

パソコンを修理に出さなくてよかった。

先にパソコンメーカの方が電話が繋がり、修理代の概算を聞きました。
見積もりして、修理キャンセルすると、¥4,200だそうです。
USBポートが壊れている場合はマザーボードの交換の場合もありえるそうで、技術料金が¥12,600とマザーボードの部品代¥19,000かかるそうです。

購入店の保障期間を確認してください。購入店経由のほうが費用が安くて済む場合があります。保障が切れていたら、直接のほうが早く修理できますと言われました。

確か昨年パソコンが壊れた時、あ〜もうすぐ保障期間の5年がくる、保障切れる前で良かったと思った記憶があるります。
念のためもう一度確認。購入は2003年10月25日。まだ昨年は購入から4年も経ってなかったのです。

それにしても、この初めてのパソコンでどれだけトラブルを経験したこか。
どうして私はこんなにトラブルに見舞われるのでしょう???・・・

人気blogランキングへ
 ← ボケネコに励ましの一票を。

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

2008年09月10日

アウトエクスプレスの最適化

アウトルック・エククスプレスの最適化

最近会社のパソコンでOEを終了すると、「空きディスク領域を増やすため〜に最適化することができます。この作業には数分かかることがあります。」というメッセージが表示されることがあります。
前の会社のパソコンや、自宅のパソコンでは経験のないことです。時間がかかると表示されているので、キャンセルしても、次の終了時にまた、同じメッセージが現れるのです。煩わしいので、思わず「OK」。

でも最適化なので、セーフモードでおこなわなてもいいの?と思いながら。幸い、あ!!という間に終わりました。

OEを100回起動するたびに終了時に現れるらしいです。でも〜、会社でそんなに起動していないと思うのです。前のパソコンと、今のパソコンでメールの使い方量に変化はないと思います。

メールも削除しているし、必要なものは別のパソコンへフォルダをつくり移動しています。
最適化しないといけないほど、ファイルは残っていないはず。

調べてみると、OEでは、受信したすべてのメールが「受信トレイ.dbx」という1つのファイルのまとめて保存されているのだそうです。受信メールを表示するときは、この受信トレイ.dbxを開いているので、受信トレイ.dbxが大きくなると、受信メールを開くのに時間がかかるようになるので、最適化が必要になるそうです。

でも削除しているのですけれど・・・

削除したり、別フォルダーに仕分けしただけでは、.dbxファイルの容量は小さくならないそうです。OE上で受信トレイのメールを削除しても、.dbxファイルには、無効な文字列がのこるのだそうです。

この文字列を解放する作業が、最適化なのだそうです。最適化して始めて.dbxファイルは小さくなりメールソフトの動作が軽くなるということのようです。

受信メールを開くのに時間がかかるようになったのに、最適化のメッセージがでないときはどうやって最適するの?

ありました。

ファイル → フォルダ → すべてのフォルダを最適化する
ファイル → フォルダ → 最適化 は選択したフォルダのみを最適化します。

ビスタのウンドウズメールには最適化の機能はないそうです。メールが.bdx形式でなく、.eml形式のファイルで保存されているからだそうです。.eml形式は1つのメールが1つのファイルになっています。

XPのOEも、受信メールを他のパソコンに作ったフォルダに保存すると、.emlファイルで保存され、ダブルクリックで開く事ができます。最初から.emlファイルのビスタはOEのように最適化する必要が無いわけです。

デフラグと同じく、時間がかかるようでしたら、セーフモードで起動してやったほうが良いのかな?

100回程度ならそんなに時間がかからないから大丈夫だろうとのマイクロソフトさんの考え方のようです。でも受信メールが消えたという話もあります・・・

それにしても毎回そんなに使っていないのに、OEを100回起動するたびに終了時に現れるのはチョッと困りものです。それに私のパソコンや会社の前のパソコンはなぜ、メッセージが表示されないの?

これも調べてみました。また次回。

追記

遅くなりましたが、2008年10月11日に「アウトエクスプレスの最適化2」を書きました。

人気blogランキングへ
 ← ボケネコに励ましの一票を。

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。
ラベル:パソコン OE

2008年09月13日

システムリソースが不足のため〜・・・OSが起動しません

システムリソースが不足のため〜のエラーメッセージが表示されOSが起動しません.

父のデルのパソコンが今週始めからトラブル。そのため、ブログは当分お休み。
高齢の父がボケもせず元気なのは、パソコンで点訳をしているからです。
パソコンが使えない状態が長引けば、父の健康に大いなる影響が出てしまいます。

ほとんでお購入時状態のパソコンです。点訳ソフトをインストール、自動アップデートはとめてました。インターネット繋がっていないので。データーはフロッピーディスクに保存加工するだけの使い方です。

デルのパソコン購入時、24時間メール・電話サポート4年間のサービスを有償でつけました。まだ4年まで1年以上あります。電話して、サービスタグを入力すると、プレミアムサポートの時間ですと言って切れてしまいます。

HPを見ると「テクニカル電話サポート」は「XPSプレミアム電話サポート」変更となっています。
>2008年8月25日を持ちまして、個人のお客様向けの無償「テクニカル電話サポート」は
>メーカー保証期間内のみとさせて頂きます。無償「テクニカル電話サポート」を
>2008年8月24日以前にご購入されたお客様へは最長5年間サービスを継続させて頂きます。
無料サポートは、時間と曜日が私の勤務時間。電話できません。だから有償で24時間サポート4年つけたのに・・・

トラブル出張サポートをしている所に、起きている問題とお願いしたいことメールで問合せしました。サービスの対象外とのこと。今日は私が会社お休みなので、電話でも、訪問でなく、お店にお送って作業をお願いできないか聞いてみました。

やはりダメだそうです。聞いてみて自分が無理なお願いをしていること納得。
技術的にはできることなのですが、会社として、サービスの料金体系がないのだそうです。
サービスメニューにないことはお願いできませんね。

そこで、デルのパソコンを販売していた、エイデンに行ってお願いできないか聞いてみました。エイデンさんもデルのパソコンは販売だけで、情報がないので、対応受付できないそうです。直接デルさんとお客さんの間で対応していただいていますとのこと。

デルのパソコンはやはり、人のパソコンのトラブルをなんでも直せるくらいのパソコンスキルがないと買ってはいけないと思いました。

あとはメールでデルさんに電話依頼の予約して、日曜に電話してもらい、対応をお願いできないか聞いてみることしかできません。でもリカバリして再セットアップしてくださいで終わりでしょうね。

起きている問題

システムリソースが不足のためAPIを終了できません。

エラーメッセージが表示されOSが起動しません。
電源を強制的に切って再投入しても同じです。

私のパソコンで、デルのHPをみるとハードディスクの容量不足とあります。
たしかに不足しています。

出張サポートをお願いしたところは、親切に、
マイクロソフトのサイトを紹介をしてくださいました。
http://support.microsoft.com/kb/909095/JA/

同じエラーメッセージですが、症状がまったく違います。
このサイトの状態であれば修正ファイルをダウンロードとのことですが、父のパソコンはインターネットに繋がっていません。

セーフモードで起動しました。ディスククリーンアップで空くのは8KB。
ディスククリーンアップでOSが起動。Cドライブの60GBの空き容量を確認すると3.25MBしかありません。

昨年の11月ディスククリーンアップの噴出しがでて、父にどうすればいいと聞かれ、ディスククリーンアップの古いファイルの圧縮とCドライブも圧縮かけました。
圧縮なんてやってはいけなかったのに。

今回ディスククリーンアップの噴出しがでたのに、なにもしなかったら、システムリソース〜のエラーです。

とりあえず、使用可能な状態にはなっていますが、今後繰り返し起きる状況には変わりありません。間隔も短くなっています。スクリーンセーバーになっても画面は黒いだけ。マウスを動かしても、画面を表示しません。

リカバリして、再セットアップして、ハードディスクのパーテション切り分け変更し、無線のルータを購入し、デルのパソコンと自分のパソコンの無線LANの設定をし、マイクロソフトから更新プログラムをダウンロードして、外付けのハードディスクをNTFSにフォーマットして、バックアップソフトでCドライブのイメージファイルを保存しなくては。

やらないといけないことの想像はつくのですが、自力では何年かかるか。
購入した外付けハードディスクも何ヶ月もNTFSにフォーマットできずにいます。
外付けのマルチドライブも放置されたままです。

デルのハードディスクに保存されている、リカバリのイメージファイルは外に保存することができません。
今回リカバリ・再セットアップして、バックアップソフトでイメージファイルを外付けに保存して、こまめにイメージファイルでメンテナンスするか。
インナーネットに繋がっていなくて、マイクロソフトから更新プログラムが簡単にダウンロードできないのが痛い。
ハードディスクの容量が一杯になる現象は、更新プログラムをインストールしないとおさまらないような気がします。

2年半強で約13万弱。とても高い買い物になりました。
とりあえずリカバリでしのぎ新しいパソコン購入するしかないようです。
あ!!これはダメです。点訳ソフトがビスタには対応していません・・・
自分の体調も悪いのに、悪い時には悪いことがかさなります。

人気blogランキングへ
 ← ボケネコに励ましの一票を。

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

2008年09月15日

その2システムリソースが不足のため〜OS起動せず

OSが起動しません。システムリソースが不足のためAPIを終了できません。父さんのパソコントラブル。

メール24時間のサポートは有効なようでデルさんから解答がきました。
やはり自分でなんとかするしかないようです。

苦労談は又はのとほど。

OSが起動しないのは、Cドライブの容量不足により現象が発生している可能性が考えられるるとの事で、思っていた事と同じ内容です。Cドライブのデータのバックアップをして削除するようにとの事ですが(誰でもそう言いますね)、全くデータないのです。Cドライブの空き領域を増やすことは出来ません。

最初から、60GBギリギリOSやアプリケーションソフトが使っていたのか不明です。
購入時から追加したのは、軽い点訳ソフトのみ。そのソフトがハードディスクを圧迫するとは考えられません。

起動時に「システムリソースが不足のためAPIを終了できません。」というメッセージが
表示される現象については、先日の訪問サポートの受付担当の方が親切に教えてくれた、マイクロソフト社のHPより更新プログラムの紹介でした。

やはり、ダウンロード必要ですね。
http://support.microsoft.com/kb/909095/JA/

インターネットにつながっていないので出来ません。
私のPCでダウンロードし、USBメモリーに保存し、デルのパソコンに移動してインストールしようとしたのですが出来ません。

「インストール失敗」
「適切なブラウザのプラグインのインストールディレクトリを検出できませんでした。
エラー OX8007002」と表示されてしまいました。
マイクロソフト社が、更新プログラムをインストールする時にオンライン認証をするので、ネットに繋がっていないのため、認証がとれず出来ないようです。

ネットに繋がっていないと、重要なシステムの更新プログラムも手にはいらないのは問題です。更新プログラムだけのためにネットに繋ぐ費用を使い、セキュリテイの心配をしないといけないのは変です。

パソコンは必要な事に使えれれば良いのです。メールもネットサーフィンも必要ないという使い方があっても良いはずです。

イメージリカバリツールがコピー・移動が出来ないのは、かなりきついです。東芝の自分のパソコンはDVDなのでとても助かっています。何度使ったことやら。

ハードディスクのパーテションを変えるためには、イメージリカバリツールが消えるので再インストールになるそうです。そうですよね。インストールの時には、ドライブの切り分けの設定ができるのですから。だから自分では難しいのです。

OSをインストールして、ドライバー(外部となにも接続してなくても、マウス、キーボード、モニタ、スピーカー、マルチドライブは繋がっています)とアプリケーションソフトをインストール。
ネットに繋がっていれば、接続設定、メール設定、プリンターの設定と大変。

ハードディスクが壊れた場合は、イメージリカバリツールがなくなるので、自分で全部しないといけないのですね。ため息・・・

「OSの再インストール」と「ドライバの再インストール」、デルさんのサイトのURLも解答メールにありました。

OSの再インストール

ドライバの再インストール

ついでに、リカバリと再セットアップの方法も調べました。ハードディスクのかくれたところに入っている「イメージリカバリツール」をどうやって使うのかわからないので。

リカバリの下記サイトの方法が利用できるのは、デルさんのXPで、イメージリカバリツールがハードディスクにある場合です。4つのリンクは自分の覚えのためです。
リカバリ

再セットアップ

インストール必要なドライバの連絡もきました。CDにはいっているもの全部必要ではないのです。14のうち必要なのは6つです。間違えないようにさがさないといけなせん。
それにインストールする順番があるそうです。

インストールが必要なドライバ
 ・Dell Desktop System Softwareのインストール
 ・チップセット ドライバ
 ・ビデオ ドライバ
 ・サウンド ドライバ
 ・ネットワーク ドライバ
 ・ユーティリティ-Java Runtime Environment
 ・CyberLink PowerDVD 5.5 1012-DVDビデオ再生・書込みソフトウェアのインストール

指定のホームページを見ると「Dell ResourceCD」があるはず。
手元にあるものを確認したら、「Dell Dimension andXPS ResourceCD」がりますが上記のものはCDに表を見る限り、全部はないような。
「Device drivers」と「Diagnostics and utilities」と「Computrer documentation」となっています。
でもCD挿入すればあるのでしょう。

そしてアプリケーションソフトのCDが5枚。1枚はインストール不要なのはわかります。
CD・DVDの呼び出し書き込みようのソフトは必要です。
気がとおくなります。やはりデルはパソコンがよくわかった人が買うパソコンです。

24時間電話電話サポート有料でつけました。まだ期限がきていないのに打ち切られたのはショックですが、メールの24時間サポートさんはとてもわかりやすい返信説明メールをくださいました。
お名前から判断すると、中国か台湾の方のようですが、とても綺麗なわかりやすい日本ごです。でも何時寝ているのか。とてもハードなお仕事です。

訪問サポート受付窓口のかた、メールサポートのかた、有難うございました。
自分でなんとかしてみます。

リカバリしてみたのですが、やはりなんとなく変。

人気blogランキングへ
 ← ボケネコに励ましの一票を。

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

2008年09月18日

その3システムリソースが不足のため〜OS起動せず

9月の連休まえ(老人の日を含む)から、父さんのパソコントラブルで、パソコンに振り回されました。
本来なら、サポートする範囲でもない部分まで教えていただいたり、パソコンメーカの24時間メールサポートに助けられました。

父さんのパソコンは、デルDimension Windows XP SP2

初めて、ハードディスクにあるリカバリツールを使って、リカバリをしました。(DVDのリカバリの経験は何度もあるのですが。)
リカバリーツールがコピー・移動が出来ないのは困り者ですが、リカバリ事態は、DVDを使った東芝のパソコンのリカバリより楽でした。
久しぶりに、再セットアップもしました。


ここまでは比較的簡単にできたのですが後が大変。

「システムリソースが不足のためAPIを終了できません。」のトラブルは、2008年09月13日と15日に書いたように、マイクロソフトのホームページから、更新プログラムをインストールしようと悪戦苦闘したのですが、インターネットに繋がっていないパソコンでは無理でした。リカバリで空き容量が増えることで解消することを期待しましょう。
エラーメッセージは同じですが症状が若干違うようなので。

詳しい人にも聞いてみたのですが、Meまでなら「システムリソースの不足」も考えられるけれど、いまのパソコンではないと思うとのことです。ハードディスクの容量や、メインメモリとは別の事という理解も間違いでないようです。

今後エラーメッセージが表示されるようでしたら、やはりネットに繋いでダウンロード・インストールするしかないようです。無線ルーター買って、セット。祈りましょう、そんなことにならないことを。

点訳だけのためのパソコンなので、点訳ソフトのインストールと、基本設定の変更(カスタマイズ)。

基本設定に手間どりました。

デスクトップの不要なショートカット削除。

Dドライブのマイドキュメントのショートカットをつくる。
初めチョッと間違って、コピー作ってしまいました。ドライブが違うので、送るメニューでデスクトップか、右クリックしたままドラックしてショートカットを選択するか、右クリックで「ショートカットの作成」でショートカットを同じフォルダーにつくりデスクトップに移動。移動は切り取って、貼り付けか、Shift+ドラッグ。

アドレスバーを表示。アドレスバーにパスを表示させるのも簡単。
ドライブかフォルダーを開き、表示 → ツールバー → ツールバーの固定のチェックを外す → 表示 → ツールバー → アドレスバーにチェック
ツールフォルダのオプション → タブ「表示」 → 「アドレスバーのファイルのパス名を表示する」にチェック

拡張子の表示は簡単。
ツール → フォルダのオプション → タブ「表示」 → 「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをはずす。

電源の管理変更は簡単。
スタート → コントロールパネル → 電源オプション → タブ「電源設定」父さんのために、環境には優しくないけれど、すべて自分で入り切りするように。システムのスタンバイも休止状態もなし。

デスクトップを青一色にするのも簡単。
モニタの空いているところで右クリック → プロパティ 画面のプロパティのタブ「デスクトップ」で背景なし、色ブルー選択
スクリーンセーバーは初期設定のまま。画面のプロパティのタブ「スクリーンセーバー」

ウンドウズのアップデートをとめる。これも簡単。
スタート → コントロールパネル → セキュリティセンター → 自動更新を無効にする。(Windows XP SP2)

問題はお試しについてきているノートン・インターネット・セキュリティのライブアップはとめることはできたのですが、常駐から外せず、起動するたびに、大きな警告画面が表示されれてしまいます。購入した時ときには出来たのに、半分しか記憶に残っていないようです。

スタート → コントロールパネル → 管理 → サービス で
Symantecに関係ある7つを停止したのですがこれだけではダメです。
再起動すると、停止したものがはずれてしまい、また表示されるのです。

デルのホームページに常駐の停止の情報もあるのですが、どれを選択すればいいのか判断に悩みます。メールサポートも、ホームページと同じ内容の連絡です。
外してはいけないものだけ残して、後すべてをはずしてしまうのも手です。
常駐をとめて、父さんにとって不便なのは音量調整のみ。
これは後でチェックを1つずつつければ、どれば音量の調整かわかりそうです。

後はネットに繋いでいないので、プログラムの追加と削除を使って削除してしまうか。
これも、これと思うもの意外に、ひょっとしてこれもと思うもの2つあるので悩みます。

あとは念のため、スキャンディスクをしました。60GBのCドライブ、20分かかりました。むしろ早かったというべきかもしれません。ほとんどハードディスクには問題がなかったような。(フリーソフト使うとその辺もわかるのですが。)
ここでしまったと思いました。

再セットアップ後スキャンディスクをすぐして、バックアップソフトをインストールして、その状態のCドライブのイメージファイルをDドライブに保存しておくべきでした。そうすれば、外付けにコピー・移動できないデルのハードディスクにあるリカバリツールに頼らなくてすみます。

遅まきながら、バックアップソフトをインストール。CドライブのイメージファイルをDドライブに保存しました。これも次の週末、外付けのハードディスクに保存しておきましょう。

でもインストールが上手くいった案内はでたものも、バックアップをしようとしたら、新規作成アイコンをクリックしても反応しないのです。左の文字の新規作成は反応。とりあえずそれでバックアップをしまいた。案内も無事バックアップできたことになっているのですが・・・・。本当に大丈夫。

点訳ソフトをインスツールして設定し、ノートン・インターネット・セキュリティの警告画面をでないようにできたら、もう一度、イメージファイルをとっておいましょう。

わらないことはおいておいて、点訳ソフトに関する7つをインストールすることに。
1つだけフォントの追加が上手くできません。

その状態で父さんに入力してもらいましたが表示が思うようにできません。
みた画面の一番したに機能説明のついたファンクションキーの表示がされていないとか言われました。フォントがインストールできなかったせいかな。

とうとう、点訳友の会の方にわざわざ来ていただき教えていただきました。

フォントのインストールの仕方は、お話を聞いているうちにわかりました。
説明書がCDからの起動した場合、私は自分のパソコンに保存してあるソフトをCDドライブが壊れているので、USBメモリでコピーをとり、父さんのパソコンのデスクトップに移動したのです。
だから、Cドライブのデスクトップのフォルダーの中の指定のフォントファルダーのアドレス(パス)がわかれば、左のCドライブのホルダーからアドレスをたどり、指定フォルダを選択すれば良かっただけでした。パスはアドレバーでわかります。

でも古いフォントを削除しないと、新しいフォントはインストールできないと4つとも表示されてしまいました。おそらく古いフォントでも大丈夫ですとのこと。

入力の表示が上手くいかないのは、点訳ソフトの設定の問題のようです。
点訳ソフトの入力方法も色々あり、入力方法で設定が変わるとの事。
使っている父さんが自分の設定を覚えていないのです。

来て下さったかたが、こういう風に入力してますか、こうな風ですかと聞きながら設定してくださいました。

あ!!使えるようになりました。2時間もかけていろいろ教えていただきました。
あとから、教えていただいたこと、何度もおなじことを聞かなくてもいいようにワープロしておきました。紙にも印刷。

前できた、拡張子の関連付けができません。一覧にないのでと、来ていただいたかたも、出来れば便利ですねと。一覧表にないときの方法も勉強して、Dドライブ保存したファイルもアイコン表示され、ファイルからでも起動できるようにしたのに。プログラムがリストにない場合は「参照...」までは記憶にあるのですが、ここからどこをたどるのか、多分Program Files。リカバリする前には出来ていました。これも週末またチャレンジ。以前設定できたので出来るはす。常駐だって以前は外せたので出来るはず。

点訳ソフトはインストールができ、設定もすんだので、ノートン・インターネット・セキュリティの警告画面をでないようにし、拡張子の関連付けが上手く出来たら、ディスククリーンアッップをして、再度CドライブのイメージファイルをDドライブに保存しておかなくては。

設定の仕方が悪いのか、時々エラーメッセージがでたり、フリーズして、タスクマネージャー使ってもシャットダウン出来ず、電源ボタン長押しで電源切ったりと。
隠すボタンがイキナリ消えてますし。アクティブでない「インジケータは隠す」にチェック入っているのに。あ〜・・・。ため息の山です。

それにしてもリカバリしてわかったのですが、Cドライブ、リカバリ直後は空き容量が、56.5GBもあるのです。

空き容量56.5GBに、かるい点訳ソフトをインストールしただけで、データの保存もフロッピーディスクにしているのに、どしてリカバリ直前は空き容量が1MBまでに減ってしまっていたのか。普通考えられないような。この点がチョッと気になります。

デルさんは、ソフトが履歴やキャッシュをためるタイプでないか確認をと言われましたが、他の方ではそのようなことはおきていないとのこと。わたしも、ディスクのクリーンアップはしていましたし、昨年の11月には妙に空き容量がすくないので、非常手段として、古いファイルの圧縮から、Cドライブに圧縮までかけてしまいました。バカなことをしました。圧縮なんてしてはいけなかった・・・・

しばらくは、時々空き容量を確認して、記録をとっておきましょう。
いつもお世話になっている会社の方に相談したところ、フリーソフトを紹介してくださいました。フロッピーディスクにソフトを保存、今回関係有る部分の使い方も教えていただきました。Z Browes.exe Cドライブのディレクトリ、ツリーの一番上のフォルダの容量をチェックできるのです。数字がどんどん増えていくところがあれば、そこでハードディスクが使われていっていることがわかります。

なんを思ったのか、紙にメモしようとした私。いわれました。OrtScで画面をキャプチャーして保存しておけば、パソコンの画面で見比べれば状況がわかるよと。
なにもソフトをいれていないパソコンでもペイントはついています。

17日の日結果画面を保存しておきました。
Cドライブの使用容量を見たのですけれど月曜日最後電源を落とした時は5.何GBだったのが17日には、6.08GB。

火曜日から使ったのは、点訳ソフトを使いフロッピーディスクからファイルを読み出し、音声読み上げをさせ、本と読み合わせしただけだそうです。

やはりなんだかCドライブの減り方が多いような気がするのですが。
空き容量がどんどん減っていくようでしたまたデルさんに問合せしましょう。

この現象に心お当たりがあるかた、なぜなのか、どうすれば解決できるのか教えてください。

いろいろな方に助けられ、とりあず点訳が出来るようになりました。ありがたいことです。
父さんボケずにすみます。でも折角の3日連休、全部つぶれてしまいました。
自分のパソコンのために、外付けのハードディスクをフォーマットしなおし、外付けのコンポドライブのソフトをインストールしようと思っていたのに、なにも出来ませんでした・・・

人気blogランキングへ
 ← ボケネコに励ましの一票を。

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

2008年09月20日

その4システムリソースが不足のため〜OS起動せず

先週の連休を使って、父さんのパソコン、デルDimension Windows XP SP2をリカバリ・再セットアップ。

2つカスタマイズが出来ていません。一覧表にない拡張子の関連つけと、Norton Internet Securityがパソコンを起動するたびに、警告画面を表示するのをとめること。
今日はこの二つについてもメモ


2008年09月18日に書いたように(方法も簡単に記入)下記のことはできました。

電源管理・デスクトップの表示等のカスタマイズ。拡張子の表示。Windowsアップデートを無効にする。
スキャンディスク。バックアップソフトインストール。Cドライブ全体をバックアップソフトでイメージファイルをDドライブに保存。点訳ソフトインストール。

インストールしたのにファイルがソフトに関連付けされてない場合の関連付け方法
一覧表にない拡張子の関連付けの方法。


関連付けをしたいファイルのアイコンを右クリック → プロパティ → タブ「全般」 → ファイル名の下に、ファイルの種類・プログラムとある横に[変更]のボタンがあります。[変更]をクリック → 「ファイルを開くプログラムを選択する」画面 → プログラムのなかにありません。 → プログラム一覧の下の[参照]ボタンクリック → 「プログラムから開く」画面 → ファイルの場所は「Program Files」になっています。 → Program Filesのフォルダ一覧が表示されています。 → 該当ソフトのフォルダを開く → 該当フォルダの中にフォルダがあれば、該当ソフトの.exeファイルがあるところまで開きます。該当ソフトの.exeファイルを選択 → 開く → 「ファイルを開くプログラムを選択する」画面のプログラムの一覧にアイコンとソフト名が追加されます。 → 「このファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」のチェックボックスにチェックをクリックしていれ、[OK]をクリック。 → 閉じる

「Program Files」のフォルダー以外のところにソフトの.exeファイルを保存した場合は、左のマイコンピュータからフォルダを探しソフトの.exeファイルを開きましょう。

これでソフトがインストールされているのに関連付けされていないためにデータファイルから開くことが出来なかったファイルがダブルクリックで開く事ができます。

拡張子の一覧表にあるときは、

関連付けをしたいファイルのアイコンを右クリック → プロパティ → タブ「全般」 → ファイル名の下に、ファイルの種類・プログラムとある横に[変更]のボタンがあります。[変更]をクリック → 「ファイルを開くプログラムを選択する」画面 → プログラム一覧表の「推奨されたプログラム」からソフトを選択 → 「このファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」のチェックボックスにチェックをクリックしていれ、[OK]をクリック → 閉じる

「ファイルを開くプログラムを選択する」画面にたどりつくもう1つの方法

任意のフォルダを開く → ツール → フォルダのオプション → タブ「ファイルの種類」の「登録されているファイルの種類」一覧、左の拡張子から、関連つけしたい拡張子を選択 → 変更 → 「ファイルを開くプログラムの選択」画面のプログラム一覧の「推奨されたプログラム」のなかから、開きたいソフトを選択 → 「このファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」のチェックボックスにチェックをクリックしていれ、[OK]をクリック → 閉じる

過去にも勉強してこのブログに書いたような記憶があります。
もう1つのブログでも勉強して方法をかきました。
自分でかいているのに、読んでも今1つ理解ができません。

欲張って1つの記事に詰め込みすぎているようです。

拡張子の関連付けの話を

1.すでに関連付けされているファイルの関連付けを変更する。
たとえばテキストファイル「.txt」が、メモ帳に関連付けられているのをTera Padに関連付けを変更して「.txt」の拡張子のものは、すべてTera Padで開くようにする。

2.インストールしたのに、自動的にファイルの関連付けがされなく、ファイルから開くことが出来ないので関連付けしたい。「ファイルを開くプログラムを選択する」画面に関連付けしたいプログラムがある場合

3.インストールしたのに、自動的にファイルの関連付けがされなく、ファイルから開くことが出来ないので関連付けしたい。「ファイルを開くプログラムを選択する」画面に関連付けしたいプログラムがない場合

と分けて書けばわかりやすくなりそうです。

Norton Internet Securityがパソコンを起動するたびに、警告画面を表示させない

常駐を外す方法

デルのホームページへのリンク
Windows XPで常駐を外す手順

スタート → ファイル名を指定して実行 → 名前を空欄にして、「MSCONFIG」と入力 → OK → 「システムユーティリティ」の画面が表示されます。 → タブ「スタートアップ」 → ノートンに関する項目のチェックを外します。

デルDimension Windows XP SP2 ソフトはほとんど入っていません。
このパソコンでNorton Internet Securityがパソコンを起動するたびに、警告画面を表示させないために、はずしたチェックは、
C:¥progiram Files¥Norten Internet Security¥cfgwiz.exe/guid{25BBC47・・・・

4つのチェックを外さないようにとの注意

IMJPMIG
TINTSETP(2つあります。)
ctfmon
msmsgs

なぜか、ctfmonとmsmsgsの二つが最初からありませんでした。大丈夫なのかな?

これで、Norton Internet Securityがパソコンを起動するたびに、警告画面を表示しないようにできました。

2008年09月20日のCドライブ

17日からは、Cドライブは点訳ソフトを起動してフロッピーディスクからデータを読み出し、入力したものを読み上げ機能を使って読み上げ、原稿と入力の読み合わせをして、間違っているところの入力訂正。使っているのはこれだけです。

17日の日の最後は        空き容量が53.9GB 使用容量は6.08GB
20日の日PCを開いたとき    空き容量が53.6GB 使用容量は6.34GB

KB=キロバイト。1バイトの1000(1024)倍を表す
MB=メガバイト、キロバイトの1000(1024)倍
GB=ギガバイト、メガバイトの1000(1024)倍

1GB=1,000MGということ?

6.34GB-6.08GB=0.26GBということは260MB使っているということ?
計算あってるのかな?
同じペースで空き容量が減っていくと
4日で260MB 260MB÷4日×365日=23,725MBということは 一年で23GB空き容量が減る?
2年10ヶ月で(2.833年)で空き容量がなくなりました。
23GB×2.833年=65GB 計算があう!!・・・・・

教えていただいたソフトでみてみると、空き容量を使っているフォルダーはWINOWSフォルダです。

人気blogランキングへ
 ← ボケネコに励ましの一票を。

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

2008年09月23日

ネコ、オペラを見にいく

今日は、ベェルディ最後のオペラ「ファルスタッフ」を聞き聴きに(見に)行きました。
名古屋フィルハーモニー交響楽団・合唱AC合唱団
指揮:山下一史 演出:岩田達宗

ソリストは、スミマセン省略。(理由、単に入力が面倒なだけ)

当日席です。朝7:20分に家を出9時15分ころから並びました。一番のりでした。
舞台に近い3階から5階のバルコニー席56席です。場所は悪くとも、2,000円というのはありがたいです。12:15分まで待つ間、読みかけの本がかなり読めました。

大急ぎでドトールで、コーヒーとベーグルサンドを食べ1時少しすぎに戻り、1:15分会場にまにあいました。2時の開演まで席で、ぼ〜と、オーケーストラの音聞いていました。

一番のりですから56席のなかから一番よい場所をえらべるのです。
普通だった3階バルコニーの一列目の舞台から遠い方。少し考え、かなり不利な3列目の入り口からみて一番奥(舞台から遠い方)の席を購入。

座ると、隣のバルコニーの壁で舞台もオーケストラボックスも隠れて見づらいのですが、立つとどちらも良く見えるのです。立っても他の観客のかたの邪魔にはなりません。

3時間、途中の休憩20分と25分は席に座り、それ以外は立ちっぱなしでした・・・

C席完売でS・A・B席とも当日券の残りも少なかったにもかかわらず、S・A席に空席が目立ちます。割り当てで販売されたのでしょうか。チケットを持っていて来ない人が多いのは残念です。(勿体ない!!)

私は音楽に詳しいわけでも、聞く耳があるわけでもありません。ネコに小判。豚に真珠というところです。でも好きです。なかなか生を聞きにいけないのは残念です。

朝から出かけて、パソコンを使わなかったせいか、いつもより肩こりが楽なような。
聞く耳・知識がないので、内容についてはコメント無し。

↓ わかる!オペラ情報館
ファルスタッフ

「この世はすべて冗談、最後に笑った者こそが本当に笑うのだ」

人気blogランキングへ
 ← ボケネコに励ましの一票を。

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします
ラベル:音楽

2008年09月25日

逗子開成学園吹奏楽部創立80周年記念演奏会

All Hands on Deck 2008 逗子開成学園吹奏楽部創立80周年記念演奏会

創立80周年記念ということで、大変大がかりです。
このブログをはじめるきっかけとなったHiroさんと吹奏楽部OB会のメンバーの方達が準備をしました。
会場も例年と違い「創立80周年記念」を盛大にと神奈川県民ホールの大ホールを確保されました。

Hiroさん、今年もステージには私もいる、言ってみえましたが、その夢はかないませんでした。
命の次に大切な吹奏楽と言われていたようです。
天国から見守っていることと思います。
11月15日にはHiroさんの気持ちもステージにみんなと一緒にいるのですね。
天国で美味しいお酒飲んでください。

天国のHiroさんに大成功をお見せしたいものです。
まずは大入り満席を!!
是非みなさん、ご都合のつく方、お出かけ下さい。
alt
神奈川県民ホールへのアクセス
http://www.kanagawa-kenminhall.com/kh_access_f.html
みなとみらい線日本大通駅より徒歩約6分
JR根岸線・市営地下鉄関内駅より徒歩約15分

↓神奈川県民ホールへ施設
http://www.kanagawa-kenminhall.com/kh_facilities_f.html
大ホールは収容人数 客席定員:2,488人
広い舞台と充実した舞台機構を備え、オペラやバレエ等の大掛かりな公演にも対応できる多目的ホールです。
クラシックやポピュラーのコンサートをはじめ、各種の大会や式典など多彩な催しが行われています。

All Hands on Deck 2008
  逗子開成学園吹奏楽部創立80周年記念演奏会
  振武隊〜音楽部〜吹奏楽部〜未来へ

 日 時:11月15日(土) 開場15:00 開演16:00
 場 所:神奈川県民ホール 大ホール
 入場料:大人1,000円 高校生以下500円

 演奏曲目:
   交響詩「フィンランディア」Op.26
            ジャン・シベリウス
   海の歌
            レックス・ミッチェル
   バレエ音楽「ガイーヌ」
            アラム・イリイチ・ハチャトゥリアン
 主催:逗子開成学園吹奏楽部OB会
 後援:逗子開成学園校友会

80周年記念演奏会チケット販売開始 

11月15日(土)に行われる「逗子開成学園吹奏楽部創立80周年記念演奏会」All Hands on Deck 2008 のチケット販売が開始されました

詳しくはこちら(PDFファイル)

お問合せ→ 逗子開成学園吹奏楽部OB会事務局
yykodama@alles.or.jp

↑逗子開成学園吹奏楽部OB会ホームページより転記
↓逗子開成学園吹奏楽部OB会ホームページへのリンク
http://zushikaisei-swo-ob.com/


↓坊主頭おやじのモノ書き修行
プロローグ-30年ぶりのファンファーレ2008 / 04 / 08 ( Tue )
http://pcusui.blog123.fc2.com/blog-category-16.html

練習日2008 / 03 / 31 ( Mon )
http://pcusui.blog123.fc2.com/blog-date-20080331.html
そのステージには私もいる。
みんなと一緒に私もそこにいる。

楽器を吹くのは難しいかもしれないが、なんらかの形で私もそこにいる。
そして、その日ばかりは、少しの酒に酔いたい。


人気blogランキングへ
 ← ボケネコに励ましの一票を。

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。

2008年09月27日

画像認証が読み取れない!!

23日に「ファルスタッフ」を聴きに行きました。
その記事のアクセス解析から、同じく「ファルスッフ」を聴きにいかれた方のブログにたどりつきました。

私と違いとても音楽に詳しい方で素敵なブログです。
コメントを入れさせていただきました。

私のコメントへ、とても長い返信コメントをいただき、お礼のコメントと思いました。

ところが、画像認証でつまづきました。時間を改めても、日を改めても、同じ画像認証です。何度色々試してみても、どれも違いコメントをいれることを出来ません。

このままでは、永久にその方のブログにコメントをいれることができません。

どなたか下記をどう読むか教えてください!!

画像認証.jpg

小文字半角の 半角 e(イー) p(ピー) q(キュウ)全角・半角両方ためしました。大文字のO(オー)これは数字の00(ゼロの全角・半角両方)もためしました。その次も大文字のO(オー)これは数字の00(ゼロの全角・半角両方)もためしました。最後は大文字半角の N(エヌ) 

peq00N 数字の半角のゼロ 数字の全角のゼロ 

peqO0N 半角の大文字オー 数字の全角のゼロ

peq0ON 数字の全角のゼロ 半角の大文字オー

peq0ON 数字の全角のゼロ 全角大文字のオー

どれもダメ(涙)・・・・

ひょっとして、
peq0ON 数字の全角のゼロ 全角大文字のオー エヌも全角大文字?

↓声楽をはじめ、様々な音楽と関わってこられたCeciliaさんのブログです。
Ceciliaの部屋

2008年09月29日追記
無事画像認証クリア!!
でも最初のコメント入れたときも同じ画像認証だったとしたら・・・・
一度目はすぐ読めて、2度目は読めなかったということに???

人気blogランキングへ
 ← ボケネコに励ましの一票を。

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。