2009年03月01日

HN(ハンドルネーム)変えます。

このブログの生みの親であるHiroさんのブログに、
最初から使っているHNと、ブログをはじめてからのHN両方をコメントの記入に使い、どちらかに統一してくださいと言われました。

気がつけば、ブログを始めてからのHNに愛着ができ捨てられませんでした。PCに振り回され、会社でも問題児の私から、自嘲をこめつけたHNです。

そんな私にHiroさんは
>ブログの名前はともかく、HNも自分を表現する名前なのですから、いい名前を使いましょう。
>「心の中の思いが、私たちを創っている」その通りです。
>自分がイメージしたとおりの人間になっていくものです。

そうコメントくださいました。
でもどうしても、HNが手放せませんでした。なぜ手放せないのかそのときは気がつきませんでした。

ある日気がついのです。
HNが手放せないのでなく、自嘲している自分を抱え込んで、そんな自分をイメージして、どんどんそうなっていくのだと。気がついたのに、いやなのに、手放せなかったのです。「ボケネコ」というHNが可愛いくてしかたがないのです。それは自嘲している自分が可愛い。

どこでどうなったのか、ふと気が付くと、不思議なことに、「ボケネコ」というHNに、なんのこだわりもないのです。「ボケネコ」のHNとは、さようならです。気がついた時は、とても嬉しかったです。
良い名前はまだ考えつきませんので、とりあえずネコにしておきます。

というわけで、HN(ハンドルネーム)変えます。
また良い名前を考えついたら変えます。

人気blogランキングへ
 ← ネコに励ましの一票を。
posted by ネコ at 18:00| Comment(10) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

オペラ「アドリアーナ・ルクブルール」

久しぶりにFMラジオを聞きました。
フランチェスコ・チレアが作曲した全4幕のオペラ「アドリアーナ・ルクブルール」
BS・CSもないんので、唯一無料で聞けるオペラが聴けるツールなのに。。

何時の間に聞かなくなってしまったのでしょう。
難しいことは解りません。
でも、すこし考え事をしながらでしたが、全曲を聴きました。

このオペラは、イタリアオペラ歌劇団の来日公演のNHK・FMとNHKテレビでみたと記憶しています。(記憶力の弱いネコなので、あまり信用はできませんけれど。)

ウィキペディアを調べてみました。上の話あっています。
日本での初演は「イタリア歌劇団第8回公演」の一環として、1976年9月20日よりNHKホールで行われた。アドリアーナ役にはモンセラート・カバリエ、マウリツィオ役はホセ・カレーラス、ブイヨン公妃役にフィオレンツァ・コッソット、ミショネ役にはアッティーリオ・ドラーツィと好配役を揃えた公演で、演奏はジャン・フランコ・マジーニ指揮のNHK交響楽団であった。主役のカバリエが急病のため幕の途中から代役が立った夜があったものの、成長をみせたカレーラス、力強い声のコッソット、渋い演技が光ったドラーツィのいずれもが高い評価を受けた。

そうです。以前の公演(1973年第7次イタリア歌劇団公演)でヴェルディ「椿姫」のアルフレードを歌ったホセ・カレーラスのファンになり(かっこよかった)、このときの(イタリア歌劇団第8回公演)TV食い入るように見た記憶がよみがえりました。モンセラート・カバリエ、フィオレンツァ・コッソット、懐かしい名前です。

「私は創造の神の卑しい僕」Io son l'umile ancella del Genio creator  第1幕、アドリアーナのアリア、これ好きです。

↓ウィキペディア・曲の紹介
アドリアーナ・ルクブルール


指揮=アルミリアート
実は、最初の予定では、指揮はドミンゴの予定。
それが、マウリツィオ役が、急遽ほかのオペラの穴埋めにかりだされたため、ドミンゴがマウリツィオ役を引き受けることとなったとのこと。

いろいろ書く余力がないので、久しぶりにFMでオペラを全曲聞いたということを記録に残したいと思います。

↓アマゾン
アドリアーナ=ルクヴルール*歌劇 [DVD]


人気blogランキングへ
 ← 夢みる「ネコ」に励ましの一票を。
ラベル:音楽

2009年03月19日

新しいパソコン

新しいパソコン

とうとう注文してしまいました。新しいパソコン。3月の16日に。
Dellのデスクトップパソコン「Inspiron 530 」
OSは、Windows Vista(R) Business SP1 32ビット 正規版 ダウングレード (Windows XP Professional SP2 正規版 日本語版)

はい、OSはXPです。余分な費用をかけて・・・・
先日修理せずに修理値段と同じ値段で交換した複合機がVistaに対応していないのです・・・
(さすがにコストかけた新品を使わず新しいのを購入する余裕はありません。)

でなければ余分な費用かけてXPにしていません。

CPUは、インテル(R) Core(TM) 2 Duo プロセッサー E7400 (3MB L2 キャッシュ, 2.8GHz, 1066MHz FSB)

メモリは2GB(1GB x2) デュアルチャネル DDR2-SDRAMメモリ

ハードディスクは、 500GB SATA 3.0Gb/s NCQ HDD

ハードディスクパーティション設定は、 Cドライブ:60GB、Dドライブ:残り

パーティションを管理する、アクロニスのディスクディレクターパーソナル(XPなら対応・Vista非対応)があるので、コストかけず自分で設定しようと思ったのです。
でも、注意書き、にハードディスクにリカバリ領域を持つパソコンの一部ではリカバリ領域を削除しなければ使用できないこ場合がありますと書かれています。
トラブルに巻き込まれやすい私は、この一部にあたりそうで、OPでパーティション設定をつけました。

XPもVistaもリカバリCDがついているらしいのですが、父のDellのリカバリ領域にあるツールは外部のメディアにコピーもとれませんでしたし、ついてきたCDはリカバリ用のCDではなく、OSのみで、ネットからドライバー等をダウンロードしないといけないようになっていました。当時と変わっているかもしれませんが、その可能性も考えられます。

セットアップが終わった時点で、バックアップソフトでCドライブのイメージファイルを外付けのHDDに保存すれば、ディスクディレクターパーソナルを使ってパーティションの変更にチャレンジして、リカバリ領域を削除してしまっても、自前のリカバリツールがあるようなものです。

グラフィックコントローラは、 オンボードグラフィック (チップセット内蔵)
動画や画像を処理することも、ゲームをするわけでもないので、別にグラフィックコントローラを256MBつけることもないでしょう。多分。

光学ドライブは、DVDスーパーマルチドライブ
これの正体がよくわからなく、問合せしたところ、CDとDVDの呼び出し書き込みすべて出来るそうです。

デル製モニタは、デルS1909W 19インチワイドTFT液晶モニタ(ブラック)
一番安いもののようです。アナログ/デジタルか、デジタル/デジタルか確認してません。ワイドなので、モニタ2台接続なんてこともないでしょう。

スピーカは、Dell AX510PA TFTモニタ用スピーカ (ACアダプタ付 黒)<Dell製 EシリーズTFT液晶モニタ専用>
これ最初つけないつもりだったのです。ぎりぎりの段階でつけました。
いまでも小形のスピーカーがノートPCに繋がっています。それで十分とも思ったのですが、わずか5センチ四角2つのスピーカが、デスクトップのパソコンがくると邪魔になありそうです。モニタの下なら場所をとりません。2種類のうちどちらが選んだモニタに適応しているのかがわかりません。(多分こちらとの自分の判断はあったのですが心配)

3度目に問合せをした日本人の男性は、回答より、別の品番のスピーカーが音が良いと薦めます。一度にいわれて、肝心の答えがどこにあるのか・・・

おまけに、Inspiron 530 は最小限の機能の機種で、今でもぎりぎりの能力なので、将来に向けこちらのほうがお薦めですと別の高い機種を薦めるのです。予算的に高くて手が届かないのでとお断りしたら、ノートPCをすすめるのです・・・

パーテションの分割のことがあり、リカバリ領域がどうなっているのか念のため確認をしたら、XP出荷の場合はリカバリ領域はありません。Vistaの場合はリカバリ領域がありますとの回答。でもどう見ても、XPでもリカバリ領域があるような・・・・
なければ、自分でCドライブとDドライブにするのに。ないといわれても、ちょっぴり心配。サポートのプロが信じられない・・・・

メディアカードリーダー/ライターは、結局 ドライブなしのままにしました。
これはぎりぎりになってはずしました。会社で、つけなくても今はUSBでなんとでもなるらと言われて。よくわからないのですが、今のノートPCもPCスロット使ったことないし。多分今の使い方なら必要ないかと。でもちょっぴり後悔。後で必要だったなんてことになりそうで・・・


IEEE1394はハンディカムでビデオとることもないし、いくら高速でもつなぐ相手のデバイスが思いつかないので、OPでつけませんでした。

いまさらと思いますが、モデム、V.92対応 56Kbps PCI Data/FAX モデムカード つけておきました。

Dell Entry 日本語キーボード(USB、黒)+Dell マウス (USB、黒) は標準でついています。わざわざ高いものにしませんでした。気に入らなければ、実際ショップで触って買い替えたいと。父のDellのキーボードは使いづらい。

一番オプションで高かったのは、保証プラン。
標準は 1年保守 [引き取り修理] [+ 0円]
デルケア プレミアム4年保守 [出張対応による修理, 事故・盗難損害対応]
今なら+1年が付いた5年保守に無料アップグレード!3/16(月)まで [+ 19,950円]
(今みたらまだまだ5年保守の無料アップグレードしてます)
デルケア3年保守 [引き取り修理, 事故・盗難損害対応] [+ 12,600円]と迷いました。
今のノートPCで散々苦労したので。悩んで悩んで、+ 19,950円追加しました。

マイクロソフトMicrosoft(R) Office はなし
自宅では必要ないでしょう。仕事の為に勉強する気力がないことは、わかりました。
ワードはともかく計算ソフトは欲しいなと思ったのですが、フリーソフトでなんとかなるでしょ。

合計 92,839円
消費税込み 97,480円

チャットでの相談が役にたちました。最初の2回は偶然同じ方。お名前から、中国か台湾の方。3度目の日本人よりよほどきれいな日本語の文章で、こちらのペースや聞きたいことをきちんと聞いてアドバイスしてくれました。
3度目の人が最初だったら。Dellさんかわなかったかも。
注文のときにはしっかり2度対応してくださったかたの名前を書きました。

人の話を聞くということがとても大切だと改めて気がつきました。
自分も注意しなければ。

現在製作中で、いまのとこと月末くらいに届くかな?
届くと気が重い・・・
出来るかな。最近バックアップソフトのイメージファイルに頼っていたので。
全く右も左もわからないときにもサポートさんのお力かりてなんとかなったので、時間がかかってもなんとかなるでしょう。

DELL Inspiron 530 地デジパッケージ VistaPremium/Core2Duo/2G/500G/20インチモニタ/Office 100,980円

DELL Inspiron 530 モニタレスパッケージ VistaPremium/Core2Duo/2G/500G  49,980円

DELL Studio Desktop プレミアムパッケージ VistaPremium/Core2Quad/4G/500G  69,980 円

DELL Studio Slim Desktop プレミアムパッケージ VistaPremium/Core2Quad/4G/500G/19インチワイドモニタ 75,990 円

DELL Inspiron 531S モニタレスパッケージ VistaBasic/AMDデュアルコア/2G/160GB 34,980 円

64,980

↑のリンクは時間がたつとリンク切れになると思います。

人気blogランキングへ
 ← 夢みる「ネコ」に励ましの一票を。
ラベル:デル

2009年03月29日

新しいPCの設定手順覚え

予定より早くパソコンが届きました。3月27日に。

え!!どうしてパソコンが届いているの?

ま、注文したのですから届くのは当たり前なのですが。
ネットで確認したときは4月1日の予定でした。

手順書を書いてみました。

・梱包概観チェック

・注文品リスト、納品書リスト、内容物つきあわせチェック。見た目のチェック

・PC・モニタ・マウス・キーボード・スピーカ接続

・古いPCから「ファイルの設定と転送のウイザード」で設定バックアップ

・↑色々不要なものまであったので、削除してもう一度バックアップするより、折角の新しいPCなんで、手動でやってみよう!!

・古いPCからメールアドレス・お気に入り(ブックマーク)・メール接続設定・メールの送受信は個別にバックアップ

・PCに電源をいれセットアップ。

・Cドライブバックアップ−1
(リカバリ領域にあるイメージファイルのコピーがとれない時にそなえ。父のDellのパソコンは、サポートに確認しましたがコピーできませんでした。)

・電源・デスクトップ・音・復元ポイント最小・ウインドウズ アップデート自動更新停止・フォルダのオプションですべてのフォルダー表示、拡張子表示等、カスタマイズ

・ファイヤーウォールの確認

・マイドキュメント・お気に入り・OEのメールの送受信・IME辞書保存先をDドライブに変更

・Cドライブバックアップ−2

・エクセル・ワード・英辞朗インストール

・Cドライブバックアップ−3

・一旦電源を切り、ADSLモデムとPC接続。インターネット接続。(NTTの接続設定はつかわない。プロバイダの設定=ダイヤルアップの設定)

・ウインドウズ アップデート

・英辞朗の撥音記号のフォントをインストール

・Cドライブバックアップ−4

・PCとADSLモデムの間に有線のルーター接続。
ランケーブルがないので、古いPCの物をとりあえず使用。ルータ上から2つ目(場合によってはは3つ目)を使用。
CDを使用して簡単設定。(本当に簡単?。古いPCの時はすんなり出来たけれど。)
トリガー接続設定。

・プロキシサーバー経由に設定

・Cドライブバックアップ−5

・複合機ドライバー等インストール

・Cドライブバックアップ−6

・TeraPadインストール(関連つけ等の設定)・JTrim・FFFTPインストール(設定)

・Cドライブバックアップ−7

・Firefox(プロキシサーバー経由その他設定)・Spybotをインストール

・Cドライブバックアップ−8

・メールアドレス・メール送受信・お気に入り・をインポート
(自分の使いやすい順番に整理するのが大変!!)

・Firefoxのブックマークインポート

・Cドライブバックアップ−9

・Dドライブに古いパソコンから、データを必要最小限のみコピー


パソコンを使いこなしているわけではないので、そんなに沢山することがあるわけでもないのですけれど。
そう、たいした事はないはず・・・・
解凍ソフト(lpls157)は必要になったらインストールすればOK。
それとも何か抜けている?

人気blogランキングへ
 ← 夢みる「ネコ」に励ましの一票を。

2009年03月30日

最初からトラブル。電源の差し込み口グラグラ。CDからの起動方法がわからない・・・

最初からトラブル。電源の差し込み口グラグラ。CDからの起動方法がわからない・・・

また新しいPCでも同じことを繰り返しそうです。
パソコン本体の電源コンセントの受けと差込側のサイズが微妙に違い安定しません。ぐらぐらしています。

何度しっかり差込みなおしても、電源が入らなかったり、途中で電源が切れてしまいます。コンピュータ本体の電源LEDはもついたり消えたり。
しっかり差し込んでも差込口で安定せずグラグラしています。
グラグラした状態なので、電源ケーブルの重さにひ引きずられているのかもしれません。

だら〜と下げたコードの重さに引きずられ、電源が途中で落ちてしまいます・・・

電源コードの抜き差しもしてみました。
右手で電源コードを持ち上げて操作する。左片手でのキーボードの入力では無理があります。
コードを持ち上げ、パソコンの上部にガムテープで止めればよさそうですが、新品のパソコンにするには少し納得がいきません。

最初から躓いています。私の差込み方が悪いのかな〜

しかもWebからの到着品の問題を問い合わせるサイトはお休み中。
到着品の問題を問合せする電話サポートはこちらの仕事時間のみ。

購入前チャットでお世話になった方のメールアドレスに思わず返信メールして、どうすればよいか問い合わせたところ、一般のテクニカルサポートの電話とメールのサイトの連絡をいただきました。

ところが、電話のほうが変なのです。
変なのは私?

「エクスプレスサービスコードのわかる方は1を押してください」で1を押すと、また呼び出し音がなり、エクスプレスサービスコードを準備して電話をかけなおすように案内され、電話がきれます。
改めて、電話をかけると、「エクスプレスサービスコードのわかる方は1を押してください」で1を押すと、また呼び出し音がなり、エクスプレスサービスコードを準備して電話をかけなおすように案内され、電話がきれます。

これの繰り返しとなります。
1の後になにか他の文字を入力する案内はありません。

とりあえず電話はあきらめて、メールをしておきました。

それと、セットアップ直後のCドライブをバックアップしておこうと思ったのですが、CDから起動する方法がわかりません。

古いほうのノートパソコンはF12を押しながら電源を押すとCDの入ったマルチドライブから起動したのです。これはメーカーによっても違うようです。

かなりの時間添付されてきたマニュアルをみたのですが見つかりません。
それで、F12を押しながら電源を押すを試していたら、電源がはいらないのです。

電源自体が不安定なので駄目なのか、F12を押しながら電源を押すが駄目なのか?
デスクトップでは、電源コードを持ち上げ、F12を押しながら電源を押すには手が3本必要です。ノートパソコンなら2本の手があればできます。

CDからの起動方法もテクニカルサポートにメールで問合せしておきました。

3日たってもほとんど何も出来ていません。(涙)

人気blogランキングへ
 ← 夢みる「ネコ」に励ましの一票を。