2012年11月10日

Non System disk or disk error replace and strike any when ready

父に呼ばれました。

PCが動かない。午前中は動いてたのに。

午前中動いていらからと言って、壊れるときは、イキナリだってあります。


PCの画面をみると、

Non System disk or disk error
replace and strike any when ready

と表示されています。

電源を入れたら、上の画面がでたそうです。

システムがない?OSがない?・・

再起動させてともおなじ。セーフモードもダメ。


Microsoft サポート

http://support.microsoft.com/kb/812492/ja

システム ディスクでないディスクを挿入してコンピュータを起動するとエラー メッセージが表示される


あ!!


もしかして、

続きの文章
この問題は、起動デバイス (フロッピー ディスク ドライブ、ハード ディスク ドライブ、CD-ROM ドライブなど) にブート ファイルが含まれていない場合に発生する可能性があります。

もしかしては、やっぱりかも。
あれほど言ったのに、何度も何度も!!

フロピーディスクを入れたまま電源を切り、入れたまま電源を入れたのでは。


確かめてみると、入っていました。FDD。・・・

お願いです。
FDDからデータ(点訳と途中まで保存したもの)を呼び出したら、抜いてください。
保存する時に、入れてください。
保存が終わったら、すぐ抜いてください。

電源切る前に必ず、FDDが入っていないことを確かめてください。

何回言ったやら。。。

2012年11月15日

人は一人っきり

誰かにたよりたい。
誰かに支えて欲しい。
でも、人は、皆一人なんです。

この世で、たった一人なんです。
だれも、いない世界なんです。

周りに無関心だった時にもどれたら。
周りに無関心なら、
たった一人なのに気がつかないですんだのです。
でも、もう後戻りは出来ません。
気がついてしまったので。

朝目が覚めると、不安一杯でたまらなく体を丸め。
始めは、動き始めればお昼頃には不安を忘れていたのに。
最近は、一日中不安で、恐ろしくて、不安でどうしようもなく。
一日、不安と恐怖に金縛り。

人は、死ぬほどの孤独の恐怖と不安の中で、たった一人で生きていくしかないのです。
生きれるところまで。
人間になれない人。

不平を言うのは、
もうやめることだ。
それは、あなたを
自己破滅へと導く
恐ろしい罠である。

(by ジェームズ・アレン)


2012年11月16日

名刺の注文サイト

以前注文したところは、PCのブラウザをバージョンアップし、フラッシュプレイアーをバージョンアップしないと、新しい情報を書き加えられません。

PCが動かなくなるのが怖くて、ブラウザの更新ができずにいます。
本当は、そこで注文をしたかったのです。

名刺くん

安いし、とっても早いし、お問い合わせにも親切に答えてくださるので。

でも、PCのメンテナンスが、私には負担です。
昔々、送料無料サービスの時に使ったことがあり、友人にもお勧めいただいたのでヴィスタプリントで注文しました。

動きが悪く、無理そうだったのですが、強引に(爆)次へ次へで、なんとか注文できました。

ヴィスタプリント

名刺自体は、100枚960円なんですが、スロー配達21日を選択して、配送料が856円。
合計1819円となりました。。。(涙・涙・・・)
(ギリギリ21日後で間に合います。)
でも、やはり高い!!(涙)
合計金額にすると多少の金額差ですが、21日配達と考えると高い。
見本印刷するもできないし。

ミニワークショップの材料は何とか購入しました。
名刺より、絵のフレームの方が優先順位が高いような。(笑)
といって、名刺の代金では、フレーム1枚から2枚の間ですけれど。

後、フレームの購入が多少は必要です。
車が無いので、パネルとかは運べません。

フレームがなければ、壁に直接、練り消しゴムで留めさせていただく事になります。
パステルアートが、裸で壁に張り付けではかわいそう。
私の見栄もありますし。
落ちて紛失の恐れも。。。

最大の支払は、初日にお支払する会場費と、会場にいる間は、お店のお茶やランチを利用することになるので、その費用がかかります。

カードで払いをしているので、合計が見えてません。いえ、見ないようにしています。
見えたら、作品展、多分キャンセルします。
(申し込んだのです。いまさらキャンセルでは迷惑がかかります。お店のHPにも掲載され、今頃は、お店の12月の案内が新聞の地方版にのせる原稿が新聞社に行っています。)
見てはダメです。中止は絶対いけません!!

でも、口座が残高大丈夫なのか心もとなくなってきました。

今日中には、WS用の画用紙の準備半分はしなくては。
15cmサイズとハガキサイズ各90枚ですが、最低45枚準備すれば、会場で様子を見ながら毎日つくれば大丈夫でしょう。
毎回、満員御礼だと、大変ですけれど(爆)

後、どれを飾るか決め、今あるわずかなフレームにパステルアートを入れて運べる状態にできるように梱包することを考える事。
リックと、小さなキャリアーバックしかなので入りきりません。
あとは両肩に袋をぶら下げて運べるようにすれば何とかなるかな〜・・・。
2度に分ければ、運べそうと思っているのですけれど。
無理なら、お店にお願いして、2度を3度のわけさせていただこう。
頑張って1時間歩いて、バス停に行くぞ〜!!

パステル和(NAGOMI)アート「こころ」の作品展 ハートの物語
12月11日11:00〜12月15日16:00
あわせてミニWSも開催します。ミニケーキセット付き♪
詳細は、上記リンクをみてくださいね♪

2012年11月18日

ザ・シークレット

全世界で爆発的なヒットとなった映画『ザ・シークレット』の始めの20分間です。
この映像公開は、制作元The Secret LLCにより私的視聴のためだけに許可されたものです。
どうぞこのギフトをお楽しみください!  

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=tl3DjHJ5gCs



「原因」と「結果」の法則 [単行本]
ジェームズ・アレン

この本に図書館で出会い、とうとう2006年12月には購入しました。
もう6年たつんですね。。。

不安を引きよせ中・・・
薬の依存と、リバンド。
長期離脱症候群として、不安・イライラ。

もともとは、頚椎症による、手の痺れ、首痛、首凝り・肩凝りからの頭痛・吐き気に対応して、整形外科と神経内科で処方されたので、薬に対する認識がありませんでした。他の慢性疾患薬とあわせ、主治医のいない状況でもらい続けていました。効果がなくなり、他の病院で他の薬と変えていただいて今の薬に落ち着いたのです。長期使用となりました。

失業して、膨大な医療費に困り、一番削れそうな、この薬をやめたのです。
ネットで調べたので、知識的にどこまであっているのかですが。

それでも、やめる選択を勝手にしたのは、問題かも。
やめて頑張って踏ん張るにしても、一度病院を訪ねたほうがいいかもです。
薬は、飲むのも、やめるの、病院の先生に相談するのが、ベストですね。

ウィキペディアより
身体的依存が起こっている際に減薬・断薬すると、数々の離脱症状を身体的・精神的に引き起こす。これらは体が身体的依存から解き放たれ、薬無しの環境に適応し、脳が通常の機能に戻るまで継続する。

今頃気がつきました。
整形外科・神経内科の連携で出た薬が、どの薬も、ベンゾジアゼピン系だったのに。

2012年11月19日

インフルエンザ予防接種と風邪

今日は、呼吸器科で薬をいただき、インフルエンザ予防接種をする日でした。

秋から冬に向かう季節で、アレルギーや、空気の乾燥のせいで、風邪だとは思わなかったです。

先週も、出かけ先から、途中で休んでも、休憩場所から、真っ直ぐあるけない状態であったので。

病院で、体温を測ったら37.2分。普通人にとっては微熱です。
私は、平熱が低く、37度を越える熱を出したのは、肺炎で2週間入院した時と扁桃腺炎で入院手術という状況になったときくらい。(花粉の季節もですけれど・・・ストレスがかかっていると思われるときも・・・)

風邪をひいても、熱がでない。咳・くしゃみ・鼻水・鼻つまり・喉痛くらいです。

37.2度は高すぎです。
37度を越えると普段は、動けなくなってしまいます。
それが、あまり動けない感がないので、風邪で熱があるなんて思いませんでした。

風邪で熱がでないくせに、花粉の季節は体温は37度を越えることはあります。
そうだと思ったのですが、先生は、念のため用心にと延期。

抗生薬をいただき3から5日飲んで様子をみて来週ということに。

インフルエンザの予防接種て、やはり、体温がポイントのようです。

上気道が弱いので、予防接種のプラスとマイナス天秤にかけて受けています。
肺炎にかかってから。

2012年11月20日

ベンゾジアゼピン系。依存と離脱症状

ベンゾジアゼピン系。依存と離脱症状

以下ネットからの抜粋です。

リーゼ(チエノジアゼピン系の緩和精神安定剤(マイナートランキライザー))

気分をリラックスさせるお薬です。不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。
抗不安薬 としてよりも,睡眠薬,その補助薬として使われることが多いようです
筋肉をほぐす作用があるので、緊張型頭痛や頸椎症、腰痛症、肩こり、けいれん性の病気などに応用されることも多いです。このように、この系統の薬は副作用が少なく安全性が高いこともあり、各診療科でいろいろな病気に幅広く使われています。

依存..長期に多めの量を飲み続けると、体が薬に慣れた状態になりやめにくくなる。このとき急に中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚など思わぬ症状があらわれることがある(徐々に減量すれば大丈夫)。

チエノジアゼピン系の緩和精神安定剤(マイナートランキライザー)です。抗不安薬とか心身安定剤とも呼ばれます。作用的には、ベンゾジアゼピン系とだいたい同じです。安全性が高く、耐性や依存も少ないです。



セルシン(ベンゾジアゼピン系の緩和精神安定剤(マイナートランキライザー))

気分をリラックスさせるお薬です。不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。
さらに、筋肉をほぐす作用があるので、緊張型頭痛や頸椎症、腰痛症、肩こり、けいれん性の病気などに応用されることも多いです。

不安や緊張などをしずめたり、筋痙攣の症状を改善するベンゾジアゼピン系の薬です。通常、不安・緊張・抑うつなどの治療、筋痙攣、麻酔の前などに用いられます。


ベンゾジアゼピン系は依存度が多少ありますので,長期連用される方が,中断される時,イライラや不安感などの離脱作用が生じます.中断する必要のある場合は,勝手な判断で急に服用を中止するのではなく,指示された服用量を守りましょう.


離脱症状(不安、焦燥感等)
依存..長期に多めの量を飲み続けると、体が薬に慣れた状態になりやめにくくなる。このとき急に中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚など思わぬ症状があらわれることがある(徐々に減量すれば大丈夫)。

症状が落ち着くまでに1年半から3年はかかっているという人のほうが普通の現象かもしれない


頚椎症で、整形外科と神経内科から処方され飲みだした薬。
首の痛み、首凝りからくる、頭痛・吐き気。場合によっては、頭痛で吐き戻す。
効果があり、飲み続けてしまいました。20年近く。
薬嫌いの私が、手放せなくなっていました。
調べたら、ベンゾジアゼピン系の薬が。

なぜ調べようとしたのかて?

失業して、医療費の負担が大きくて、なにかを削ろうとした時、これが一番問題ないように思ったのです。今はそんなに、首凝り・頭痛・吐き気になやまされていないので。

で、やめました。


その後が、大変。最初は、失業してるからと思ったのです。
でも、あまりにも、不安に根拠がなさ過ぎるというのか、心臓はバクバク、不安で体が鷲づかみ。こころも金縛り。
なにも出来ないのです。救われるのは、寝ているときだけ。

あまりにも、変だと思ったのです。
それで調べました。


困った状態です・・・

でも、踏ん張れなくて、手持ちのものを、また飲み始め数日したら、あの不安感が消えてきています。て、もともとの薬の効果?

リーゼは長期のんでも、大丈夫と言われたのですけれど・・・
リーゼが効果がなくなり、セルシンに変えたのですが。
セルシンは聞いていませんでした。

そもそも、緊張型頭痛や頸椎症、腰痛症、肩こりに対応してだされた薬です。

どうすればいいの???


手放すのに、3年!!