2013年01月01日

謹賀新年

あけまして、おめでとうございます。

ぼつぼつの更新ですが、本年もよろしくお願いします。

ブロウねんが15syukusyou.jpgブロウねんが15syukusyou.jpg

ブロウねんが15syukusyou.jpgブロウねんが15syukusyou.jpg

2013年01月04日

おみくじ

おみくじ

昨日、腰痛が少しよさそうなので、近くの神社に行きました。
昨年のお礼と、今年のお願い。

お守りを、どんと焼きようのところに古いものを置き、新しいものを。

おみくじを引きました。
書かれた番号が読めず、社務所の方に読んでいただいたのですけれど。
皆さんが触って、字がかすれてしまったようで、読めません。

もう一度引きなおし。
その番号の引き出しから出していただいたおみくじ。


いそしみし
しるしは
みえて
ゆたかにも
こがね
なみよる
おやまだの
さと

教の神

生きた親御に御仕えすると同じ思いで神仕え
神様はおなつかし親(おや)さまである、子を慈しむ親心をもって常に側去らず、みまもり助けて居てくださる、されば生きて居らる、親に仕える心持で神様を拝み嬉しい時にも御お話申して御祭りする、そして常にピッタリ御一体になって居る事が肝要だ。


運勢 大吉

する事なすこと幸の種となって、心配事なく嬉しい運ですから、わき目ふらず一心に自分の仕事大事とはげみなさい、少しでも我儘がの気を起して色や酒に溺れるな。

問題は、自分の仕事がなんなのか?
はげむ仕事はなになのかがわからないので、大事とはげみようが?



願望:のぞみのままです 人の言葉に迷うな(常設ギャラリー兼アトリエが欲しい♪)

待人:をとすれなし来る(連絡欲しい人がいます・。。。)

失物:出るが 手間どる。(失せ物は仕事・・・)

旅立:よし連の人に注意

商売:利益あり進んで吉(どうやって、どっちへ進めば?知りたい!!)

学問:安心して勉学せよ

相場:買え今が最上

争事:勝に後(しり)ぞくが利

恋愛:この人より他になし(???)

転居:差支えなし上吉

病気:早く本復する。(胃潰瘍はなおりそう。てこと)

縁談:多くて困ることあり静かに心を定めなさい。(爆笑、いまさら!!)

ちなみに、大吉のこの「おみくじ」、結構ありそうです。
ネットでも、引き当てたと、記事になっているような。
お正月の大盤振る舞い。

ありがとうございます♪

2013年01月13日

システムの構成ユーティリティの変更?

また、父に呼ばれたのです。

電源を入れると、メッセージがでる。

点訳ソフトは、入力できない。

システムの構成ユーティリティなんて、ほとんど見たことがありません。
自分の時は、付録・分厚い本を読んで探すのですけれど。

お借りしたPCは怖くて触れません。


私には、わからない事だと、いくら説明しても、私がわからないことを理解してもらえない!!

なぜなんだ、どうすればいいんだ問答で(涙)

点訳ソフトについては、点訳ソフトのわかる方に聞くことにしました。
システムの構成ユーティリティのメッセージがきになるんですけれど。

BESは入力できるので、もう一つのソフトが問題を起しているかもということで、一端アンインストール。

CDを入れマイコンピュータをクリックすると、また別のエラーメッセージ。
画面が変わり、なにか表示され、次にBESが立ち上がり、そのままBESの説明らしきものがドンドン表示されます。

×で閉じると、その下からマイコンピュータの画面。

ん〜・・・。実はもっと紆余曲折。

CDを開きインストールしようとしたら、指定されたファイルがなく。
exeファイルはあるので、クリックしたら、AドライブにFDDがないと請求。
×でけすと、exeファイルのソフトが立ち上がり。

もう訳わからない状況です。
2時間かかって、状況を悪くしただけのような・・・

システムの構成ユーティリティが診断モードになっているらしいのですけれど。。。

2013年01月20日

メメント・モリ

メメント・モリ(memento mori) ラテン語

Wikipediaより。
メメント・モリ

「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」
「死を記憶せよ」
「死を思え」

古代ローマでは、これは将軍が凱旋のパレードを行なった際に使われた、と伝えられる。将軍の後ろに使用人が立ち、この使用人は、将軍は今日絶頂にあるが、明日はそうであるかわからない、ということを思い起こさせる役目をになっていた。そこで、使用人は「メメント・モリ」と言うことによって、それを思い起こさせていた。

ただし、
古代ではあまり広くは使われなかった。当時「メメント・モリ」の趣旨は carpe diem(今を楽しめ)ということで、「食べ、飲め、そして陽気になろう。我々は明日死ぬから」というアドバイスであった。

この言葉はその後のキリスト教世界で違った意味を持つようになった。・・・・キリスト教徒にとっては、死への思いは現世での楽しみ・贅沢・手柄が空虚でむなしいものであることを強調するものであり、来世に思いをはせる誘引となった。



こんなに希望の持てない世界なら、
今を楽しめ!!

来世に思いなんて、知ったものではない!!

て、思えればいいのだけれど。
それくらい、楽天家だといいな〜

極端な、悲観論者としては。。。。

今を楽しもう!!
楽しもう!!

毎日不安一杯で生きているものとしては、
羨ましい・・・


同じ時を過ごすなら、不安より、楽しみを感じていたほうがいいよ。
posted by ネコ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ボケネコのある日>雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする