2013年06月07日

ナブッコ わが想いよ 黄金の翼に乗って

宗教にあまり関心はありません。
音楽の素養もありません。

ベルディは好きです。

「ナブッコより わが想いよ 黄金の翼に乗って」
単純に曲が好きです。
そして、歌詞の内容とは別の意味で、「わが想いよ 黄金の翼に乗って」この言葉が好きです。とうより、心に響きます。

ネットを検索していらた、下のブログに行き当たりました。
ブログについて、詳しいことはわかりません。

オペラ合唱曲聴き比べで、ベルディの
「ナブッコより わが想いよ 黄金の翼に乗って」へのリンクが、情報と共に書き込みされてます。

リンク切れもおおいですが。というか、You Tube側での削除で(著作権侵害)すけれど。
昨日自分でも探して、2つFBには投稿したのですけれど、それよりリンクの数が多いので。
ご紹介

少し変ったコラボもあります。Pavarotti @ Zucchero 。

↓ブログのリンク(リンク切れの時はゴメンなさい。)

Twitterをブログにしました。 オペラ合唱曲聴き比べ ヴェルディ:ナブッコ(行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って)

http://blog.goo.ne.jp/classicfan51/e/9c19500cd1688a1560a57649fdd5b8d8

↑私が見つけたもので、リンクがなかったもの。

http://www.youtube.com/watch?v=2F4G5H_TTvU

アンコールも、初演の、熱烈なアンコールの再現の演出?それとも、これもアンコール?

ウィキペディア ナブッコ

Google検索 ヴェルディ ナブッコ 行けわが想いよ 黄金の翼にのって



ラベル:音楽

2013年06月08日

GPIFてなに?


最近の新聞。

GPIFは、<年金積立金管理運用独立行政法人>の略だそうです。
アルファベットの頭文字の表記が多くて、とても覚えられません。

でも、私達にとって、これとっても重要な機関!!
私たちが納めている、厚生年金や国民年金の積立金を運用する厚生労働省所管の組織で2006年に設立されたものだそうです。運用方針を決め、後の実際の取引は信託銀行などに委託しています。運用の指図をしているところ。経済や金融の専門家でつくる運用委員会がチェックしているそうなんですけれど。

記事になったのは、運用方針が変ったから。基準の変更は設立以来初めて。
少し変ると、資金量が多いので、経済全体にあたえる影響が大きそうな。

国内債券の割合を67%⇒60%
国内株式は11⇒12%
外国債券は8%⇒11%
外国株式は9%⇒12%

国内債券の割合を下げるということは、債権・国債を売る、金利が上がるていうことらしいです。

消えた年金問題やら、私たちの年金大丈夫???

ネットを使う事が出来るにとには、とっても便利になりました。
デジタル朝日新聞、無料でもかなりの記事を読むことができます。
最近新聞の文字が小さくて、見えないのです(涙)

デジタルのほうが、文字が大きくて読みやすい♪


posted by ネコ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ボケネコのある日>雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

古宮昇先生と諸富祥彦先生とご一緒の講演のご案内

古宮昇先生と諸富祥彦先生とご一緒の講演『傾聴のちから〜 どう聴くか、どう活かすか 〜』
が開催されます。(大阪経済大学)

https://www.facebook.com/events/150510101805766/

FBでご招待がありました。

お二人揃っての講演なんて、またとない機会だと思います。
ご都合のつく方は、興味をもたれたかたはお申し込みを。
員数こえの場合は抽選だそうですから、申し込みの順番は関係ないようです♪

https://www.facebook.com/masaki.chieko?ref=tn_tnmn#!/events/150510101805766/

FBのアカウントを持っていない方のおみえだと思います。

下記FBのご招待文です。

『傾聴のちから 〜 どう聴くか、どう活かすか 〜』
参加無料。
臨床心理学の第一人者である諸富祥彦(もろとみよしひこ)氏と、古宮昇が傾聴の基本についてジョイント講演会をします。

話をよく聴くことが、プライベートや仕事の人間関係にどんな影響を与えるか、そして傾聴とはどのようにすればいいのかをお伝えします。

諸富祥彦(もろとみよしひこ)氏は、
最新刊「ビクトール・フランンクル:絶望の果てに光がある」、「本物の傾聴を学ぶ」など、180冊を超える著作をお持ちで、多数のテレビ出演もしておられる、この業界ではたいへん著名で多くのファンをもつ大人気の臨床心理士です。

講演テーマ
・諸富祥彦氏「ふれあいが生きる力に」
・古宮昇  「傾聴の実際」

申し込み方法:7月8日(月)締切。

「人間科学部講演会 受講希望」と明記し、
〒と住所、氏名とふりがな、年齢、性別、職業を書いて、
ningenkagaku@osaka-ue.ac.jp
にイーメールでお申し込みください。
締め切り後に受講票が郵送されます。

このお知らせに「参加」ボタンを押しただけでは
申し込みはできていません。
かならず、上記にイーメールでお申し込みください。

ちなみに諸富祥彦氏ホームページはこちら↓
http://morotomi.net/


2013年06月29日

ロボット宇宙飛行士

今朝テレビ(NHKの深読み)で、「ロボット宇宙飛行士」がニュースになっていました。

対話のもとが、ふ〜−−−!!え!!なるほどと。


共感

あいづち

繰り返し


傾聴の形式的初歩と同じ。

した二つは、簡単受容。

ロボットに感情がわかりとは思えないけれど。
かかわり行動の視線とか観察とかは、データーが揃えば、ロボットのほうが得意だったり・・・

もしかして、「鉄腕アトム」の誕生もあり?

技術は、便利なものを提供してくれますが、本当は便利なはずが、振り回されているような。技術に使われないようにしたいものです。


livedoor NEWS 人型ロボット、2013年 宇宙の旅




posted by ネコ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ボケネコのある日>雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする