2013年12月08日

3人の「英雄」交響曲<part1>

ベートベェンーその原点と到達点ー
〜影響と実験、庇護者と献呈、到達と祈り〜

昨日は上記のシリーズの<part1>3人の「英雄」交響曲を聞きに行きました。

当時の宮廷楽団の規模に近い形での演奏。
《ハイドン》交響曲第43番変ホ長調「マーキュリー」
《モーツアルト》交響曲第39番変ホ長調K.543
《ベートベェン》交響曲第3番変ホ長調「英雄」
最後は、バッハの変ホ長調

変ホ長調、フラット3つの曲

《ハイドン》交響曲第43番変ホ長調「マーキュリー」
今まで会場にいる人で聞いたことある人はいないでしょう。これから一生ききこともないでしょう。と茂木氏のお話。
一生きくことがないのは、とても残念です。また聞ける機会がありえばと思います。
理由をきくと、納得なんですけれど。

フォルン・オーボエの音がス〜と届いてきます。
フォルン・オーボエがこんなに素敵な音のする楽器だったとは!!

なんてまろやかで、それぞれの楽器の音が聞こえてくることか。
生ていいな〜−−−

生であることもさること、編成のためでもあるような。
(もちろん、演奏者が素晴らしいといこもあるでしょう)
そして、変ホ長調であること。説明を読んでなるほどなんです♪

《モーツアルト》交響曲第39番変ホ長調K.543
宮廷内向きと、規模の大きい祝典的性格なものがあり、この曲は祝典的性格なもの。

当時の宮廷勤務の楽器に、トランペット・ティンパニーはなかったそうです。
祝典の時に、普段御者とかしている人をかき集めというお話も新鮮でした。

トランペット・ティンパニー、普通に楽器編成にはいっていると思っていたのですけれど、規模の大きい祝典ようだったんですね。

《ベートベェン》交響曲第3番変ホ長調「英雄」の楽器編成も、普段聞くことのない編成のように思います。

あらためて、《ベートベェン》交響曲第3番変ホ長調「英雄」素敵な曲だなと。
弦楽器以外の楽器の音がひとつ一つ聞こえてきます。

(楽器編成。木管楽器を2本づつ、フォルンを3人、トランペット2本、ティンパニー)

当時の宮廷てなんと贅沢な!!

ハイドン・モーツアルトとベートヴェン。
「新しさ」とは何か?何がそれ以前と変わったか?
3つの曲を続けて聴くことによって、音楽に詳しくはないので言葉で表現できませんが、なんとなく。

そして、逆に、ハイドン・モーツアルトの良さも実感しました。

お話として、なにが変わったのか?
あ!!そうなんだと、音楽知識のないわたし。

宮廷勤務から、「雇われないが、お金は貰う」

音楽家と貴族との関係の変化、これが音楽に影響をあたえないわけはないです。
話としてもう一つ。

「英雄」がナポレオンに献呈されるためにかかれ、後に、ナポレオンが皇帝になったため、ベートベェンが激怒して楽譜の表紙を破ったという話がありますが、実は、ドイツとフランスの国どうしの関係が思わしくなく、国の間の行き来が出来にくくなり、ナポレオンに献呈できなかったらしいみたいです。

そして、現存している浄書スコアには、ナポレオンへの献呈が書かれていた部分がぺん先で抹消され、穴があいているそうです。献呈は、ロブコビィッツ公爵へ。

かなりの高額のお金をロブコビィッツ公爵は支払ったそうです。
お金で、独占権を確保した(笑)みたいです。

「英雄」の演奏会を開く事ができるのは、ロブコビィッツ公爵のみ。

贅沢な話!!

音楽をしらない私でも、お話を含め楽しめました。

<part2>も楽しみです。

指揮・ナビゲータ:茂木大輔
管弦楽:愛知室内オーケストラ

posted by ネコ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ボケネコのある日>雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

銀行の名前でフィッシングメール受信!!

銀行からのフィッシングメールに注意しましょう。

私も、初めてフィッシングメールもらいました!!

今朝から銀行から4通のメール。(ゴミ箱にいれた最初の2通はすでに勝手にゴミ箱から消えてます)
フィッシングぽかったので、そこにかかれた電話番号でなく、HPで銀行のサイトを調べ電話を入れてみました。
やはり、銀行からは、そのようなメールは発信していないそうです。
情報提供ということで、口頭で聞いたメールアドレスへ転送しました。

みなさん注意しましょう。

可笑しいとおもったのは、
アドレスがyafooメールアドレスだったこと。
件名が、
【メールアドレスの確認】だったこと。
内容が、
○○銀行から送信されたアカウント確認のメールでございます、お客様はアカウントがロックされないように定期的にチェックしてください。
以下のページより登録を続けてください。

注意呼びかけされているような内容ですね。

全体の文章構成がらしくできています。

でも続けて4通もくるのも。確かに最初の2通は文字化けしていたので、改めて送りましたにも見えますけれど(笑)

ご丁寧に
ご登録にお心あたりのない場合や電子署名についてのお問い合わせ
 <インターネットバンキングヘルプデスク>
 0120−
と電話番号まで記載されてます。

電話は、その電話番号にはしてはまずいと思ったので、HPを知らべて電話しました。
十中八九、フィッシングメールだと思いましたが念のため。

実は、その銀行インターネットバンキングの登録をしていないのです(爆)
登録する場合、絶対使わないメールアドレスに送信されてきました。

銀行はリアルに限ると思っている人です。

協力して犯人が捕まるともおもえませんけれど。
皆が黙っていれば、被害は広がると思います。

大切なお金です、本当に注意してください!!

ps 2013年12月29日
もし、クリックして情報を入れてしまったという方は下記のリンク先のお問合せ先を参考になさってください。一番下に連絡先が記載されています。
http://www.bk.mufg.jp/info/phishing/20131118.html

2013年12月29日

Facebookの利用を再開メールにはご注意 フェイスブック

Facebookチームから、変なメールを受信しました。

>Facebookアカウントへのログインに問題が発生したというご連絡をいただいたため、このメールをお送りしています。以下よりアカウント再開を実行できます
【今すぐログイン】【今すぐ利用再開】のボタンがあります。
???いつく???を並べても?????
あの、連絡してません。。。
いつもどおりログインしてみましが、はいログインできました。

↓見つけました。でもこの情報信用? あ〜ややこしい。
http://otasukemori.blogspot.jp/2013/07/facebook.html

私の受信メール

重要フラグ Facebookの利用を再開
Facebook

送信アドレス、フィシングですか?のような感じです。

「今すぐログイン」にカーソルを当てると
www.facebookmail.com.・・・・・
と表示されます。本物のような感じもします。

そもそも、Facebookから、本人が本当に利用しているかどうか確認するために、「facebookの利用を再開」とう件名でメールが送られてくることがあること事態、確認の方法として可笑しいのでは思う私がおかしい?

>本物だったので今すぐログインをクリックしても自分のタイムラインが表示されます。
との情報です。

本物なら、たんに自分のタイムラインが表示されるだけ
偽者なら、クリックしても、自分のタイムラインが表示が表示されず、facebookと全く同じようなログイン画面が表示され、アドレスやパスワードの入力を求められるらしい。

万がフィシングで画面が表示されても、入力しなければ大丈夫のなの?

ログインしておいて、クリックしてログイン画面が表示されたら、偽者で、情報を入力しなければ実害はないということ?

ん〜。。。
本物なのに、フィッシングと思いクリックしなければ、アカウントはどうなるの?