2008年10月13日

カシオの高精度計算サイト

カシオの高精度計算サイト

10月11日土曜の朝日新聞の「てくの生活入門」で紹介されていた、「カシオの高精度計算サイト」

高精度計算サイト

「生活編」「教育編」「専門編」「自作編」「BBS」と用意されています。
本日(2008/09/24)からBBSを開始します。
BBSは、ユーザー同士で情報交換、意見交換をしていただくスペースです。keisanについて、わからないことや疑問に思うことなど、情報交換の場としてご利用下さい。
BBSはどなたでも自由に閲覧できますが、投稿するにはユーザー登録が必要です。画面右上の「ユーザー登録(情報)」をクリックして登録してからご利用下さい。
今後とも計算サイトをよろしくお願いいたします。

「ユーザー登録(情報)」をされ、早速使い方など書き込みがされています。まだまだBBSは活発とはいえません。どうしても知りたいとか、疑問に思ったことがなければ最初から「ユーザー登録(情報)」をするかたがいないというこどでしょうか。

「生活編」のお金の計算積み立て計算などは、将来の人生設計の役にたちそうです。
ところが、ところが、言葉の意味がわからないのです。

わかった!!

たとえば「毎月積み立て額から受け取りを求める(年利別)」
>毎月定額積立の年利率に違いによって、将来の受取額(元利合計)がどのくらい違うかをシミュレーションできます。

毎月の積み立て額を入力し、積立期間(月数までしていしたい時はたとえば10年2ヶ月の場合122/12と入力)、年利率を始めに「○」% で計算し「○」%づつ増やして「○」回計算する。は「」の中が入力項目です。

最初の年利率を始めに「1」%と入力、次に%に「0.5」と記入「5」回で計算すると、年利率が1%の時1.5%の時2%の時2.5%の時3%の時の元利合計受取額、総額積立額、複利運用なので最終の利益率が表示されるわけです。

1万円を10年2ヶ月1%で積み立てると受取額は\1,284,680 利益率は5.3%
1万円を10年2ヶ月3%で積み立てると受取額は\1,427,996 利益率は7.05%
(上の計算の積立総額は\1,220,000です。)

いかにこつこつ複利で貯めるにしてもわずかな金利差で結果が大きく違ます。
計算結果の下の「グラフ描画」をクリックすると元利合計と積立総額のグラフが表示されます。
目で見て年利率の違いによる元利合計の差がグラフでみることができます。
期間別の選択もあれば、「目標額から毎月積立額を求める(期間月)(利率別)」もあります。

これは自分の老後に必要な金額をためるのにどう積立すれば目標を達成できるか計算できます。数字が不可能でも、なにもしないよりはこつこつと積み立てればすこしでも老後の貯えが出来ることがわかります。計算結果に驚き積立をあきらめるなんてことはしないでください。(笑い)

本当ですよ。時間と金利を味方につけ少しずつ努力!!

目標額が1000万円、年利1%で20年で達成しようとした場合、毎月の積立額は\37,625 積立総額は\9,030,000

目標額が1000万円、年利1%で30年で達成しようとした場合、毎月の積立額は\23,811 積立総額は\8,571,960

目標額が1000万円、年利1%で34年で達成しようとした場合、毎月の積立額は\20,572 積立総額は\8,393,376

目標額が1000万円、年利3%で30年で達成しようとした場合、毎月の積立額は\17,118 積立総額は\6,162,480


下左に人気ライブラリの一覧がありますが、基礎代謝・適正体重・適量のお酒・血圧、タバコ吸って何歳までいきられるか・飲酒の自己診断・隠れ肥満と健康に関するつものや、長寿の祝い年の計算・結婚記念日の計算が人気のようです。

「自作編」にはすでに沢山の人が登録。好評なものは正式にライブラリとして登録されています。登録されたものの中には、「何枚撮れば全員瞬きなしの集合写真が得られる?」なんてものもあります。

チャレンジは出来そうにありませんが、子供達が興味をもってチャレンジしてくれれば、日本の数学の能力が下がってきていると嘆かなくですむかもしれません。
グループでチャレンジすれば、協力して研究する姿勢身につけることができるかもしれません。

人気blogランキングへ
 ← ボケネコに励ましの一票を。

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック