2009年02月02日

手をあわせることから

手をあわせることから


朝日新聞のBe on Saturdayのからだ術を読んで、これだと思いました。

一石二鳥。

体のためと、心のために。

拝んだり、なにかをか念じたりするとき、人は両手の手のひらを合わせます。

体のために、
胸の前で手を合わせたまま上半身をひねる。
合わせた手を頭高くにあげて体を上方に引っ張る。
手のひらを押し合って力を込める。

心のために、
上記の運動をしながら、特に手のひらを押し合って力を込めて、
心の中でとなえるのです。

心が、安定して平安で、安らかでありますように。

私の中の小さな私へ、大変だったのに、よくここまで頑張てきてくれたね。
ありがとう。

いつも一生懸命だったね。
ありがとう。ありがとう。

ここまで、よく私を運んできてくれたね。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。

長い間無理をさせてきたね。
ありがとう。


寝る前にするのです。体と心のために。


ブログ「幸せのタネを蒔く」より

27/80の素晴らしい世界 2008年05月09日

インナーチャイルドワーク 2008年10月24日

生きる理由、頑張る理由 2007年11月12日

ときどき、テンプレートを変えたり、カテゴリを整理されたりされていますので、それぞれの記事のリンクがきれるかもしれまんので、ブログのトップページのURLも記載しておきます

幸せのタネを蒔くhttp://medicare.blog56.fc2.com/



人気blogランキングへ
 ← ボケネコに励ましの一票を。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック