2006年11月18日

詐欺的セキュリティソフト「DriveCleaner」

こんなもの見つけたPC編 06.11.18 ネット編

パソコンでウェブページをみていて、「危険なファイルを検出」といった偽の警告メッセージを表示 どうしますか?

最近、動画投稿サイト「YouTube」(ユーチューブ)が色々なところで取り上げられています。アメリカでは随分普及しているとか。日本でも、著作権の問題などありますが、これからどんどん普及していく事でしょう。ボケネコは見る時間を作り出す能力もありませんので、取り入れていません。

広告をクリックすると、偽のセキュリティー対策ソフトをインストールをするように誘導する方法は以前からありましたが、閲覧者の多いユーチューブに広告が掲載され被害が広がったそうです。

別ウインドウを「×」で閉めてはいけない事初めてしりました。
またキーボードの「Esc」キーを押す事でブラウザが閉じる事も初めてしりまさた。覚えておくと便利ですネ。
でも試してみましたが「Esc」キーを押す事でブラウザ、IEもFirefoxも閉じませんでした????

↓は詐欺的セキュリティソフトの内容を紹介しています。
日本語のUIを持つ詐欺的セキュリティソフト「DriveCleaner」

朝日新聞の「てくの生活入門」では、ソフトのインストールを促す手口の詳細と対処法を、ドライブクリーナー(DriveCleaner)を例に説明しています。

朝日新聞「てくの生活入門」→ネットの偽警告に注意!
下記は「てくの生活入門」の要約です。上記朝日新聞のリンクの元記事を読んでください。
偽の警告がでたら、別のウインドウで表示された場合、「キャンセル」「いいえ」をクリックしても、「×」で閉じてもだめだそうです。警告画面も×で閉じてはいけません。ブラウザも一度閉じてしまいましょう。
閉じてもまたしつこく表示される時は、その都度ブラウザーごと「×」で閉じるか、キーボードの「Esc」キーを押して閉じます。

うっかりソフトをインストールしてしまったら、ハードディスクの「Program Files」のなかの「DriveCleaner 2006 Free」というフォルダーを開き、「unins000.exe」を実行すれば、ソフトを削除でききるそうです。

ボケネコのパソコンには「DriveCleaner 2006 Free」というフォルダー自体がありませんでした。あったら大変!!「DriveCleaner」は見せかけた詐欺ソフトです。

3カ条
1.偽の警告が出たらブラウザーごと閉じる
2.プログラムのダウンロードを実行しない
3.ソフトの代金を請求されても支払わない


関連記事
2006年11月24日:YouTubeビデオに見せかけた“罠”に注意!!

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック