2012年09月28日

平成23年度「国語に関する世論調査」

文化庁が発表した
平成23年度「国語に関する世論調査」

↓で、平成7年から見ることが出来ます。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/yoronchousa/index.html

リンクが切れるかもしれませんが、平成23年度のPDF形式のリンクは下記です。

http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/yoronchousa/h23/pdf/h23_chosa_kekka.pdf

「相手や場面に応じて敬語を使う」「自分が言われて嫌な事は人には言わない」
皆気持ちは、他人を思いやっているのです。

私も含め、気持ちがあっても、使い方間違っている〜て一杯あります。(涙)

そして、初めてあった人と話をすることについて、「苦手」の分類を選んだ人が55.5%。
コミュニケーションに、不安抱えている人、多いのですね。

「得意」の分類を選んだ人に、初めてあった人と話をするとき重視していることを聞くと。
(選択肢からいくつでも)

・相手の話をよく聞く・・・・・・・・・・・・71.8%
・相手の目や表情を見てす・・・・・・・・・・60.8%
・相手に不快感を与えないように話す・・・・・60.5
・気持ちが伝わるように話す・・・・・・・・・55.7%
・相手に気持ち良く話してもらうようにする・・35.6%

「苦手」の分類を選んだ人に、初めて会った人と話しをするときに、どのような事が難しいと感じるか訪ねると。(選択肢からいくつでも)

・相手に不快感をあたえないようにする。・・・・・43.9%
・気持ちが伝わるように話す・・・・・・・・・・・36.4%
・相手の目や表情を見て話す・・・・・・・・・・・26.7%
・相手に気持ち良く話してもらうようにする・・・・23.2%

異字同訓の漢字の使い分けも、意外に間違って覚えいます。
というより、変換したものを確かめずに最初にでてきたのを確定してしまっているような。

言葉の意味も改めて並べて、どちらといわれると、自信がないものも。

一度読んでみてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック