2012年11月18日

ザ・シークレット

全世界で爆発的なヒットとなった映画『ザ・シークレット』の始めの20分間です。
この映像公開は、制作元The Secret LLCにより私的視聴のためだけに許可されたものです。
どうぞこのギフトをお楽しみください!  

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=tl3DjHJ5gCs



「原因」と「結果」の法則 [単行本]
ジェームズ・アレン

この本に図書館で出会い、とうとう2006年12月には購入しました。
もう6年たつんですね。。。

不安を引きよせ中・・・
薬の依存と、リバンド。
長期離脱症候群として、不安・イライラ。

もともとは、頚椎症による、手の痺れ、首痛、首凝り・肩凝りからの頭痛・吐き気に対応して、整形外科と神経内科で処方されたので、薬に対する認識がありませんでした。他の慢性疾患薬とあわせ、主治医のいない状況でもらい続けていました。効果がなくなり、他の病院で他の薬と変えていただいて今の薬に落ち着いたのです。長期使用となりました。

失業して、膨大な医療費に困り、一番削れそうな、この薬をやめたのです。
ネットで調べたので、知識的にどこまであっているのかですが。

それでも、やめる選択を勝手にしたのは、問題かも。
やめて頑張って踏ん張るにしても、一度病院を訪ねたほうがいいかもです。
薬は、飲むのも、やめるの、病院の先生に相談するのが、ベストですね。

ウィキペディアより
身体的依存が起こっている際に減薬・断薬すると、数々の離脱症状を身体的・精神的に引き起こす。これらは体が身体的依存から解き放たれ、薬無しの環境に適応し、脳が通常の機能に戻るまで継続する。

今頃気がつきました。
整形外科・神経内科の連携で出た薬が、どの薬も、ベンゾジアゼピン系だったのに。
この記事へのコメント
ザ・シークレットのこの動画、私も観ました★その影響で、本もDVDも買ってしまいました(汗)本は読んだものの、まだ、DVDを見ていないので、この動画を改めて観たら、改めて見なくちゃ!と思わされました★
Posted by フランクリンプランナーに挑戦中 at 2012年11月25日 21:15
フランクリンプランナーに挑戦中さま、ご訪問ありがとうございます。

私は「7つの習慣」のDVDを購入して、1年以上たつのにまだ開封もせません。(汗”)

今は、ドクター・ジョン・F・ディマティーニの「正負の法則」を読んでいるところです。
Posted by ネコ at 2012年11月26日 09:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック