2018年01月05日

フレッツSDSLていつまで、いままでの電話回線は?

以前、又聞きですが、NTTのADSLの新規の申し込みは受け付けない。すでに申し込みしている人へのサービスは継続して提供するという情報を聞きました。

新規の申し込みを打ち切ったということは、ADSLのサービスも、いずれ終了するとは思っていましたけれど。

昨年12月20日火曜の朝日新聞に次の見出し記事が掲載されていました。

高速のインターネット接続
過疎地でも整備へ

NTT携帯回線も

いよいよ、ADSLも終わりかなと思い記事をよみました。

全世帯に光回線整備を目標にしてきたのは総務省。いまごろ国の政策なんだと知り。

NTTグループは全国で(自宅で有線の電話を利用できるよう)電話網を維持する「ユニバーサルサービス」を美無づけられています。利用者も負担してます。

ネット接続はユニバーサルサービスの対象外。
電話をもつ世帯のうち、4%は光回線を使えない状況だそうです。

我が家もかなりまえに、光回線の使用が可能となっている地域です。
わずか4%までになっているとは!!

こちらは、光を希望しているわけではなく、有線でもいままでの電話話回線のほうがいいのです。

電話がつながらないときの対応が簡単だから。
停電か、ジャックの接続が外れたか緩んだか、電話機の故障か、屋内配線がねずみにかじられたか(笑)
屋外配線の問題(かなり世帯で影響がでているはず)
簡単に問題がきりわけられます。確認もひっつずつ確認していくのが簡単。
停電でも、電話機によっては、通話できます。

光の場合は、停電では、通話できません。
問題も、ADSLでいうところのルータの場合、ハードなのか、ソフトなのか、接続なのか(接続箇所も増えます)、年をとってくると、ついていけません。

最近は携帯が普及して、固定電話のない世帯も。
我が家の携帯は不携帯。受電も忘れているくらい。緊急時につかえなかったり・・・

なにがなんでも、電話は、昔からなじんだ、メタルの固定電話がいい!!
なんてところは、もうほとんどないのですね。

NTTは電話回線を使ったネット接続「ADSL」を2023年に原則打ち切きり、光回線への乗り換えを促すそうです。


光回線がない地域では当面ADSLを続けるけれど、設備の老朽化などで将来は難しくなる可能性が高いと、記事にかかれていました。

わがやは、光きているので、長く使っても、2023年までですね。

電話は、従来通りメタル、ネットは光となると、使用料金が上がってしまいます。

幸いADSLでも、基地局が近いのか、ストレスなくネットを、うろうろできています。。

変えたくないけれど、2023年がひとつのめどのようです。

ADSLの新規申し込みができならしいと聞いたので、1年半近く、PCがなく、自宅でネット接続していないのに、解約してませんでした。

PC購入するまで、解約したほうがいいのかしら???
そうすると、たぶん、二度とPCを購入する気にはならないような。

どんどん、世の中の流れと逆行してます(涙)

どうしましょう・・・・・-----










posted by ネコ at 12:41| Comment(0) | ボケネコのある日>いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。