2018年06月26日

Wi-Fiて二通りあるような。

光ケーブルがあることが前提という記事があったり、コンセントにさすだけという記事があったりで、話がかみ合わない、頭の中は???が一杯。
3箇所くらい話を規定も???はのこり。

もう一度ネットで検索。
探しただけなので、正解かとうかは不明ですけれど。
二通りあるなら、詳しいことは理解できなくても、一致しない説明が2つあるのは、不思議ではありません。

すこし、納得。

もともとは、
Wi-Fiとは、光回線のネット通信を無線の電波に変換したもの


1.光回線のネット通信を無線の電波に変換したもの
 (光回線のネット通信を無線の電波に変換)
 ↑
 光ケーブル(光回線)があることが条件の説明がなんとなくつきます。
 ↓
 LANケーブルを使った有線接続が可能

 無線でつなぐために、光回線を伝って受信するインターネット通信を、ワイファイという無線の電波に変換する無線LANルーターが必要
 
 
2.モバイル用のWi-Fiルーターを簡潔に呼称したもの
 (モバイル用の電波を無線の電波に変換)
 ↑
 コンセントにさすだけでいいの説明がなんとなくつきます。
 ↓
 コンセントにさすのはモバイルルーター?

※現在はほとんどのパソコンがWi-Fi接続に対応。
LANケーブルなどを使わずにネットに接続することができらしい。
きになるなら、購入するとときに一言、Wi-Fi接続に対応しているかどうか確認すればいいこと。
下記サイトには、対応品についているマークの画像もあります。

今回は、下記サイトからまとめてみました。
「Wi-Fiと光回線の違いは5つ!」等の記事もあります。
引用元です。「インターネット・マックス」と書かれています。
無線の良さが書かれています。私は、どうしても無線不信派。


https://xn--wimax-3m4da9k3dtd0d0duor356efk9d.net/internet/optical-line-wifi-difference

家の中だけで考えるか、モバイルも含めて考えるかでも考え方は色々。

同じHPの中の記事、自分の参考にメモ
(時間がないので全部図書館では読めません(涙))

https://xn--wimax-3m4da9k3dtd0d0duor356efk9d.net/internet/2g-5g-difference


大急ぎで、メモしたので、間違い一杯ありそうですけれど。
次、勉強を続けるための足がかりに残します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。