2018年10月26日

乾電池の寿命

災害が起こるたびに、備蓄品の話がでます。

災害の備蓄に、電池も候補にあがります。
懐中電灯とか。

乾電池の寿命は、どのくらいなのでしょうか?

使い方にもよります。

使っていなくても、寿命があります。

乾電池を購入すると、パッケージに「使用推奨期限」の記載があります。

パッケージを破っても、乾電池のプラスを上にしてマイナス側をみると01-2029とか、数字が記載されてます。

01月2029年までが「使用推奨期限」です。

予備の乾電池と、懐中電灯の乾電池の購入の時期をずらすのもひとつの方法として、忘れずに備品の入れ替えチェックができるかもしれません。


懐中電灯、最近はLEDなど長期もち明るく軽いものあります。

古いのがあるから、もったいない!!と使い続ける方も。

我が家もそんな家庭です。

乾電池が必要です。

↓下アマゾン取り扱いのLED懐中電灯の一覧リンクです。

led懐中電灯

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。