2019年05月24日

運転経歴証明書について

運転免許証を自主返納をするために警察署へお電話で問い合わせ。

運転経歴証明書の交付を申請をしたかったかからです。

お電話で聞いたこと。

免許証と手続き費用を聞き、後は持っていく必要はないとのこと。

ただし、有効期限内でないと、運転経歴証明書の交付はできないので、有効期限内に手続きに来てください。
有効期限内なら、早い分にはいくら早くてもよいそうです。

更新手続きがすみ、新しい免許証が届いて、数ヶ月で返納に来る方もいるそうです。

免許更新のときの、写真は警察でいつも撮影。
その写真、服装とバックのブルーとの色関係、顔の大きさ(画面いっぱいのデカ顔)疲れきった表情。

毎回、ひどいもの。

写真はもってこなくていいです。こちらで撮りますからと言われたのですが。

運転経歴証明書を、身分証明書として使い続けるために欲しかったので、せめて表情だけは疲れきっていない明るい表情、洋服とバックと自分の顔色との写りのよいもので、専門家にとっていただき、もちこみました。

警察署で撮ることが義務になっているそうです。

写真を預かってくださいましたが、警察でとった、とてもひどい写真が生涯の身分証明書になりそうです(涙)

重要なこととして、窓口で説明をうけたこと

手続き終了後から、運転免許証としての効力がなくなるので、帰りは自分の車を運転して帰ることができません。
お車を運転してかえらないように。

遠いところへいくのが大変なので、まだまだ、返納するには早い年齢ですが、往復を考えると、健脚なうちにと思って、思い切りました。
(往復送ってくださる方いる方、交通の便がよいところで手続きができれば、もう少し後でもよいのですけれど。)

以外と思ったのは、考えてみれば以外でも、なんでもないことが、もうひとつ。
手続き終了した、その時間から、身分証明書として、使用できなくなります。

最近は、役所・金融機関の手続き・本を売る、携帯電話を契約するにも、身分証明書が必要です。
保健証だけでは、最近はたりなくなっています。

顔写真のあるもが必要なことが増えています。

いろいろな手続きに、免許証かパスポート、どちらかが必要に。

免許証の自主返納して、運転経歴証明書を受けとるまでの間は、自分の身分を証明するものがなくなります。

ほぼ1ヶ月ほど。(場所によっては、当日発行もあるかもしれません。私のいけるところは、そのくらいかかります)

手続きが必要なことがあれば、事前にその手続きを済ませてから、免許証の自主返納、運転経歴証明書発行手続きを!!



危なかった!!

携帯電話の契約を済ませて後で良かった。

済ませていなかったら、来月の半ば過ぎまで、携帯電話を新規に契約更新することができないところでした。


↓警察庁のHPの政策のページへのリンク(運転経歴証明書について)
https://www.npa.go.jp/policies/application/license_renewal/career_certificate.html

PS

届いた運転経歴証明書、持参した写真で、出来上がってきました。
写真撮影する義務があるのは、持参した写真が、規格に合わないときのためのようです。

プロに運転免許証用と言って撮っていただけば、間違いがおきることは、まずないので、お気に入りのもので、出来上がってきます。


posted by ネコ at 12:13| Comment(0) | ボケネコのある日>雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。