2008年04月22日

頚椎症とパソコン

会社移転にともない、リハビリに通っていた病院を転院。今日MRIを撮った後の診察。
こんなにはっきり脅された先生は初めてです。

非常に悪い。いつ手術になってもおかしくない。症状に波があるのでなく、症状が出ると無意識にかばい、症状がでていないと無理をしてまた症状がでているのだそうです。
普段負担がかからないように工夫しないと、手術になってしまうそうです。

潰れている、飛びだしている、逆に湾曲している。最初に症状が出た時はどうなるかと思ったのですが、10数年ぼちぼち生活出来ているのは幸運なようです。

ノートパソコンは×だそうです。

デスクトップでもキーボードにかがみこまないように、キーボードは立てて使い、モニターは首を下げないよう高くすることだそうです。

ノートならキーボードを接続キーボードを立てる、ノートパソコンはモニタとして、位置を高くするように工夫するのだそうです。残念ながら、ポートがUSBが2個だけで、USBハブは買い換えても買い換えても調子が悪く、キーボードまで繋ぐことは出来ません。

ないか良いものないかと探してみましたが、なななか、これはというものがありません。
これならヒョッとして使えるかなと思ったものは在庫無し。

アマゾン → KOKUYO EAS-PL2M ノートパソコンラック(快ラック)

アマゾンも楽天の品切れ・・・
ノートパソコンラック De快ラック A4/A4ファイルサイズ対応EAS-PL3N

人気blogランキングへ
 ← ボケネコに励ましを!!

★クリックで救える命がある★ ←クリックして募金をお願いします。
ラベル:パソコン 知恵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック